み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

中国・武漢で発生 新型コロナウイルスの肺炎
世界的に拡大の懸念 300人以上が感染

 中国の河北省武漢市で発生、集団感染が確認されている新型コロナウイルスによる肺炎について、専門家などの間で深刻さを伴う新たな段階に入ったとの見方が強まっている。
 中国国内では1月22日までに、同肺炎の発症者が300人を超え、死者は6人となった。習近平国家主席は「全力で予防、制圧する」よう関係部門に指示を出している。ただ、感染ルートが分かっていないことと、中国では春節(旧正月)の連休が1月24~30日に取られ、帰省ラッシュがすでに始まっている。中国国内各地や世界に多くの中国人が足を運んでいるため、新型ウイルスの拡大を抑えることができないと、警戒感が強まっている。
 こうした中、米疾病対策センター(CDC)は21日、米国内で初となる同ウイルスの感染例が確認されたことを発表した。患者はシアトルに住む30代男性。このほか、タイ、日本、韓国、台湾でも感染例が見つかっている。

→続きはこちら

  • 12月チェコチーム後 2教会から感謝の連絡
  • 終わりの日時計

L'abeille
福祉施設でコンサート

 東京アンテオケ教会のゴスペルグループ「L'abeille」(ラベイユ)が1月18日土曜日、荒川区にある福祉施設でコンサートを行った。
 ゴスペル歌集『風のひびき』『やすらぎの歌』(荒地に川ミュージック)から「JOY」「花」「神様とじいちゃん」「God is Love」などが歌われ、主の深いご臨在の中で賛美がささげられた。
 皆さんが楽しみに待っていてくださり、何度も伺っている福祉施設なので、ゴスペルを覚えていて一緒に歌ってくださった。「とてもよかった」「また来てね」とお話をしてくださる利用者さんがいらっしゃった。
 また、今回はいつも笑顔を見せることのない利用者さんが、コンサートの途中から今まで見たことのない笑顔になり、「God is Love」の時も初めて、ラブの頭文字Lを指で作って、一緒に口ずさんでくださったことが印象的だった。
 お一人お一人にゴスペルを通して神さまが働いてくださっていることを心から感謝する時となった。

→続きはこちら
  • J.GOSPELコンテスト 東京アンテオケ教会予選
  • 論説 聞き従い キリストのうちにある働きの中で
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 太田エリサさん
教会情報 トップへ戻る

前教皇が反対表明 バチカンに衝撃
既婚男性の司祭任命に対し

 1月12日、カトリック教会の前教皇(前法王)ベネディクト16世が、既婚男性を司祭に任命する案に反対していることが分かった。
 AFP通信などによると、新著『私たちの心の底から』(仮訳)の中で、フランシスコ教皇(法王)に向けて司祭独身制の継続を強く訴えており、バチカン(ローマ教皇庁)の専門家らはその内容に衝撃を受けている。
 フランシスコ教皇は現在、司祭のなり手が不足し、ミサがほとんど行われていないアマゾンなどの遠隔地域で、既婚男性が司祭となることを認めるよう求めた司教会議(シノドス)の提言を検討中。結論は今後数週間のうちに発表されると見られている。
 これに対し、2013年に約600年ぶりに教皇を生前退位したベネディクト16世は「もはや黙ってはいられない!」と新著に記していた。

→続きはこちら
  • 連載企画 「日本のキリシタンの史跡を追って」 21
  • 進め賛美隊 Jゴスペルチーム・天の賛美隊
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし

神さまが導かれた最善の結婚 前編
「祈ってごらん。分かるから」

 私は今、名古屋の地で牧会の働きをさせていただいています。牧師夫婦として、至らない点は多々あるでしょうし、主から調整していただくべきこともたくさんあると思いますが、「私にとっての最善の妻が与えられた」ことについては、確信を持って歩むことができています。そのことを主に感謝します。
 最近、私たち夫婦のことを、「オシドリ夫婦」と呼んでくださる方がおられました。ありがたい事だと思います。神さまからの整えを頂き続けながら、地上生涯を「オシドリ夫婦」として全うできたなら、と心から思います。そんな私たち夫婦の、結婚に至るまでの証しの一部をさせていただきます。
 私は小学5年生の頃、教会に行き始め、中学1年生の時に洗礼を受けました。その頃、長野県の松原湖という所で行われたクリスチャンのキャンプに参加しました。その時、面倒を見てくださったカウンセラーの方が、「結婚のためには、今から祈っておいた方がいいよ。神さまに、『こんな人がいいです』と課題をリクエストして祈っていくと、結構、答えられるよ。それに、祈っていくと、みこころの人と出会った時、『この人だ』って分かるからね」などと勧めてくださいました。

→続きはこちら
  • Bible 思秋期
世界情勢 トップへ戻る

リビア情勢巡る国際会議
露トルコ、米欧中など参加

 内戦で分裂状態のリビアの和平を目指す国際会議が1月19日、ドイツのベルリンで開かれ、ロシアやトルコ、米欧中の12カ国が参加した。
 会議では、参加国が恒久的停戦に向けて取り組む考えで一致した。しかし、対立するリビア暫定政権と軍事組織「リビア国民軍(LNA)」の直接交渉は実現せず、双方の隔たりの大きさを浮き彫りにした。
 産油国リビアを巡る利害は複雑で、問題解決は非常に難しく、12日にもロシアとトルコが仲介して停戦期間入りしたものの、一触即発の状況はそのまま続いている。
 会議の中で、国連が決議した対リビア武器禁輸の実施を求める総括文書を発表した。武器禁輸について「衛星写真など追加的措置により、監視体制を強化する」とした。
 武器禁輸の監視について、欧州連合(EU)は20日の外相理事会で、EU監視団の派遣を検討するとみられる。一方、リビア国営石油会社(NOC)によると、19日、リビアのシラージュ暫定政権と対立するハフタル司令官に忠誠を誓う勢力によって石油パイプラインが閉鎖され、南西部の二つの主要油田が操業停止に追い込まれた。暫定政府への圧力を加えるためとみられる。

→続きはこちら
  • 新型コロナウイルス 人から人への感染確認される
  • オーストラリア 深刻な森林火災 鎮火せず燃え続ける
  • 仏 空母を中東へ派遣 欧州合同作戦の「中心」に
  • 日本の海自 P3C部隊が中東で発動開始
  • イラン外相 国連で制裁議論なら 「NPT脱退」と警告
  • レバノン 新内閣発足 反政府デモ続く 収束見えず
  • イラン・ウクライナ機撃墜 調査結果「露製ミサイル2発」
  • 日本の一般紙 中東情勢に切り込む 終わりのしるしか
  • イスラエル 前例のない大雨 洪水で7人死亡
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り お誕生会ケーキ、焼いて作るか? 蒸して作るか?
IT・文化 トップへ戻る

インスタが3位で約70%に躍進 1位LINE・2位Twitter
新成人のSNS利用率調査 

 インターネットリサーチ会社マクロミル(東京都港区)は、2020年新成人500人を対象に意識調査を行った。この調査は2008年から始め、今回で13年目になる。
 調査項目にはデジタル端末やSNSの利用率が含まれ、それぞれに特徴的な結果が表れているという。
 デジタル端末所有状況の調査では、新成人が所有する端末の1位は「iPhone」で69%。「iPhone」以外のデジタル端末の所有率は、 おおむね下降傾向にある結果となっている。
 また、SNS利用率では、19年の順位と変動がなく、1位が「LINE」96%、 2位は「Twitter」80%、3位は「Instagram」67%となっている。
 上昇率で見ると「Instagram」が高く、16年から4年で2.7倍まで利用が進んだ。また、「TikTok」は12%で、19年とほぼ同じ利用率となっている。

→続きはこちら
  • 農水省YouTuberが活躍へ 農の魅力動画を発信 霞が関初のプロジェクト
  • 国内外のIT、AI、5Gなどの最新技術を追う
  • クリスチャンの寄り道
  • 近づく東京大地震 首都直下地震

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

プチ雑学
アザミ Cirsium

 聖書イザヤ書34章13節「そこの宮殿にはいばらが生え、要塞(ようさい)にはいらくさやあざみが生え、ジャッカルの住みか、だちょうの住む所となる」
 マタイの福音書7章16節「あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう」
 今日はアザミの紹介です。 多年草で、アザミは菊科アザミ属の植物、それに分類される植物の総称となります。
 アザミの名前の由来は、諸説ありますが、あざむ(驚きあきれる)を表す語からだという説があります。別名「棘草(トゲクサ)」と称され、葉や総苞(そうほう)にトゲが多く 、その名の通り触れれば痛い草の代表でもあります。
 花は赤紫、紫色をしており、花粉と蜜により、虫触媒で受粉を行います。全部で約300種類あると言われており、 北半球の寒帯から温帯に広く存在し、 草原や乾燥地、海岸などに生えます。スコットランド(イギリスを構成する国の一つ)では、アザミは国花になっています。

→続きはこちら
  • 旬の一品 リンゴ酢で彩りピクルス
伝えたいこと トップへ戻る

【終末】終わりの時代に向かって
異常気象(1)

 昨年の9月に行われた国連気候アクションサミットに出席して、気候変動に対する具体的な解決策や、政策が何もなされていないとスピーチをして世界的に有名になったグレタさんがいます。16歳の少女が地球温暖化を警鐘する活動を行い、世界の指導者たちの目を覚まさせました。
 日本ではほとんど報道されていないようですが、世界の経済を動かす世界の機関投資家が各国政府に対し気候変動を抑えるように圧力をかける宣言を行ったのです。
 また各国の銀行も融資に関して、融資先の企業が温暖化に向けて対策を講じていなければ、融資をストップしたり、制限する動きを始めたりすることになりました。このような動きが出るほどに世界の気候は大きく変動してきているのです。
 国連の専門機関の一つである世界気象機関(WMO)は15日、2019年の平均気温が観測史上2番目に高かったと発表し、それとともに過去5年間(2015~2019年)、過去10年間(2010~2019年)の平均気温が観測史上最も高かったと発表しました。そして2020年以降の異常気象現象がさらに増幅すると警鐘を鳴らしました。

→続きはこちら
  • 【聞き従い】聞き従うことの祝福 1
  • 【感謝】マーリンさんから「感謝と賛美」を引き継いで 1
  • 【賜物】カリスマの恵み 1

注目This Week

<ゴスペル>J.GOSPELコンテスト

東京アンテオケ教会内予選
10位までが関東予選へ
 

→2面 信仰

<主の最善>神さまが導かれた結婚 前編

「祈ってごらん。分かるから」
神の時に最善の伴侶が
 

→5面 体験談

<新連載>聞き従うことの祝福1

/マイナスは駆らなずプラスに変わる/御霊の賜物
 

→12面 伝えたいこと

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード