み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

長崎殉教聖会
西坂と平和会館で開催

 日本二十六聖人を記念し、その信仰の歩みから神さまからのメッセージを受ける「長崎殉教記念聖会」が2月5日、午後には西坂公園で、夜には平和会館で行われた。各聖会でのメッセージを紹介する。
 今年も、「日本二十六聖人」の歩みを記念し、長崎殉教記念聖会が行われた。The Light of Eternal Agape(TLEA)では、以前の名称、主の十字架クリスチャンセンターの頃から、二十六聖人がたどった信仰の歩みを通して、神さまからの語りかけを受けるべく、毎年、二十六聖人の殉教日である2月5日に、聖会を行ってきた。
 今年は比較的暖かい日差しの中、各地から人々が集まり、午後2時から西坂公園で、午後7時から平和会館で聖会が行われた。
 二つの聖会とも、会衆賛美と預言、特別賛美がささげられ、TLEA長崎エルサレム教会のイザヤ木原真牧師がショートメッセージを取り次ぎ、主講師であるTLEA東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師がメッセージを語った。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京カリスマ聖会
ハイアットリージェンシー東京で開催

 東京カリスマ聖会が2月3日、新宿の東京ハイアットリージェンシー東京で行われた。
 今回は第1部で、J.GOSPELコンテストin白馬・関東地区予選が行われ、30組以上のグループが出場した。第2部では、主講師であるパウロ秋元牧師(東京アンテオケ教会)が詩篇103篇17節からメッセージを語った。
 最初に「白馬スネルゴイキャンプ」と「長崎殉教記念聖会」のスクリーン映像を視聴し、現された神さまの恵みを振り返った。
 続いて秋元牧師は聖書から、主を恐れるとは、主を第一にすることであり、主の主権を恐れることであると語り、次のように続けた。

→続きはこちら
  • 長崎殉教記念聖会 各地から300人が集う
  • J.GOSPELコンテストin白馬の関東地区予選
  • 論説 期待して白馬スネルゴイキャンプへ
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 小淵美稚子牧師
教会情報 トップへ戻る

中国 カトリック「地下教会」主教を承認
非公認から公認へ バチカンとの緊張緩和で

 中国政府とバチカン(ローマ法王庁)の緊張関係が緩和する中、中国の国営メディアは、政府公認教会の聖職者に、非公認の「地下教会」の主教が昇格することになった、と報じた。
 推定1000万人といわれる中国のカトリック教徒は、政府管理下にある団体が運営し、中国共産党が任命した聖職者を擁する教会だけに通うことが法的に認められている。だが多くの信者たちは、バチカンに忠誠を誓う司教らが主宰する「地下教会」に通っている。
 1951年に外交関係を断絶した中国とバチカンは、2018年9月、司教の選出に関して合意し、両国の国交回復に道が開かれると同時に、中国での司教の選出に双方が関与することになった。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 大阪Jゴスペルクラブ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

カンボジア孤児院に新しい賛美
「プレヤソンクルワ 私の救い主」ができるまで

 私がカンボジアの孤児院を初めて訪れたのは、2000年5月のことでした。この教会の群れ(グループ)の長崎の教会に導かれて1カ月ばかりで、海外宣教チームへの参加も初めてでした。
 当時の私は、海外宣教に強い興味がありましたが、子どもは得意ではなく、孤児院を訪れるチームに加わっている自分がとても不思議だったことを覚えています。
 賛美についても特別な思いなどなかったので、子どもたちと賛美する日が来るなんて、その時はまったく思ってもいませんでした。

→続きはこちら
  • Bible 曲がった時代

イラン 革命40年
軍備強化推進を強調

 イランは2月11日、イスラム教シーア派の法学者が権力を握った革命から40年を迎えた。トランプ米政権による、強力な経済制裁の再発動で苦境深まる中、国内メディアによると、全国各地で数百万人が革命を祝って行進するなどした。
 首都テヘランではロウハニ大統領が演説し、ミサイル開発など軍備増強を推進する方針を強調し、トランプ米政権に屈しない姿勢を鮮明にした。
 国営イラン通信(電子版)などによると、ロウハニ師は「他者に許可を得ることなくミサイルを製造する。軍事と防衛の道を歩み続ける」と演説し、軍備強化を継続する意向を明らかにした。
 また、シリアやレバノンなど周辺国への影響力についても「イランは他国を支援できる(中東地域で)唯一の国だ」と述べた。

→続きはこちら
  • 南米ベネズエラ巡り混乱 中国は支援 米は制裁強化
  • 米国務長官 ハンガリー首相と会談 中露への接近に警告
  • EU 英との再交渉拒む姿勢強調
  • NATO マケドニアの加盟を承認 30カ国体制に
  • 中露の脅威、宇宙でも 米国防総省が警鐘
  • 米国 AI開発強化の大統領令
  • ローマ法王 UAE訪問 野外で18万人のミサ
  • ハワイで暴風 マウイでは積雪も
  • 終わりの時代に向かって アメリカのBDS運動

外国人労働者が146万人に
10年で3倍増 派遣社員を上回る

 厚生労働省は1月25日、2018年10月時点の外国人労働者が146万463人に達し、07年に届け出が義務化されて以降、過去最多を更新したと発表した。
 6年連続で増え、調査開始以来初めて派遣社員の数を上回った。19年4月の改正出入国管理法施行により、外国人労働者数は今後さらに増える可能性が高い。国内外で人材獲得競争が激しくなる中、受け入れ体制の整備が急務になっている。17年より14.2%、約18万人の増加となった。08年には約49万人だったが、この10年間で3倍に増えた形だ。
 少子高齢化の影響で働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口は急減。景気の回復傾向も背景に深刻な人手不足が続いており、企業が外国人を積極的に受け入れていることが要因とみられる。

→続きはこちら
  • スマホゲームを捜査に利用 GPSで個人位置把握
  • 全国初 認知症「神戸モデル」実施 兵庫県神戸市
  • 四輪ロボ マレーシアのインフラ修理支援に 石川県小松市
  • 市制60周年記念事業 市民の笑顔でモザイクアート 愛知県稲沢市
  • 近づく東京大地震 帰宅困難者対策
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 雨期に入る前に修理ができました

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
家族の日(ヨム・ミシュパハ)

 先日、イスラエルではヨム・ミシュパハと呼ばれる家族の日というイベントがありました。この日は、息子や娘の学校、幼稚園などでは家族の写真を持っていき、その写真を見ながら家族の絵を描いたり、工作などをしたりして両親にプレゼントをします。
 昨年はちょうど金曜日で、お仕事のお休みな家族が多かったため、幼稚園では子どもたちの両親も招待され、一緒に工作をした覚えがありますが、今年は息子と娘はそれぞれ学校、幼稚園でかわいらしい絵と家族の写真が入った手作り写真立てを作り、プレゼントをしてくれました。イスラエルは家族をとても大切にする国なので、このような行事をとても大切にします。
 現在、アルバイトをしている場所では、4人のイスラエル人たちと同じ部屋で働いていますが、朝、仕事に行くと、まずみんなは親に電話をしてから仕事を始めます。

→続きはこちら
  • ソラマメ
  • 旬の一品 イワシのイタリアンソテー
  • ヘブライ語

白馬クリスチャンフィルムフェスティバル
応募総数63作品 ノミネート選出へ

 1953年2月1日、NHKが日本で初めてのテレビ放映を開始した。当時のテレビは価格が高く、人々はデパートや駅、公園などに設置された街頭テレビに大勢が集まり、そこで放映されるプロ野球やボクシング、大相撲などに熱狂した。
 2019年現在、スマートフォンや動画配信サイトの普及により、映像の視聴はより身近になり、24時間どこでもいつでも好きな動画を視聴することができる。また、制作側にとっても、誰もがより簡単に作りたいものが作れるようになった。映像は「新たな言語」的ツールとして、飛躍的な成長を遂げている。
 毎年、2月の末に長野県の白馬岳山麓にあるホテルグリーンプラザ白馬で、白馬クリスチャンフィルムフェスティバル(HCFF)が行われる。

→続きはこちら

注目This Week

<賛美と集会>東京カリスマ聖会

忍耐強く 信仰の歩みを全うする
J.GOSPELコンテスト関東予選も
 

→3面 信仰面

<証し>子どもたちから賛美が届いた

カンボジア孤児院で作詞作曲セミナー 宿題で「プレヤソンクルワ 私の救い主」が
 

→5面 体験記・証し面

<映像>強力な伝道の働き

白馬クリスチャンフィルムフェスティバル 応募総数63作品 ノミネート選出へ
 

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード