み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

INF廃棄条約失効後 米国がミサイル実験成功
ロシアは反発 ミサイル開発は新たなステージへ

 米露の中距離核戦力(INF)廃棄条約の失効を受けて、トランプ米政権は8月19日、地上発射型巡航ミサイルの発射実験を実施、成功したと発表した。ロシアや中国、イラン情勢を含め、世界の核兵器問題は、終末の舞台を前に、新たなステージに入ろうとしている。
 8月2日、米露でのINF廃棄条約が失効して以降、同条約で制限されていた中距離ミサイル開発の一環として、米国は地上発射型巡航ミサイルの開発を強めていた。今回の実験では、条約で禁じられていた射程500~5500キロのミサイル実験となり、1988年以降、米国は30年以上、実験を行っていなかった。
 米国防総省当局者らは、地上発射型巡航ミサイルをカリフォルニア州サンニコラス島から発射し、500キロ以上飛行して後、標的に命中したことを明らかにした。当局者らは、通常弾頭用のミサイルで、核搭載型ではないと強調した。
 米国が引き続き、地上発射型巡航ミサイルの開発を進めた場合、今後、ミサイルをどこに配備するか、に焦点が移ると見られている。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

こころごすぺる開催
「いやしのコンサート 心に深く」

 8月15日、座・高円寺(東京都杉並区)で「こころごすぺる」J.Gospelコンサートが開催された。主催はゴスペルプロダクションの有限会社The Vision(ザ・ビジョン)。 このコンサートでは歌集『風のひびき』『やすらぎの歌』(荒地に川ミュージック)や、一般のゴスペルミュージックを中心に、心に触れる映像で構成されているのが特徴。企画プロデューサーは、ペテロ真境名氏、秋元ヨハネ氏。
 会場には約200名ほどの観客が集い、出演者はGifts(ギフツ)、TrueVine(トゥルー・バイン)、エルサレム、JOY(ジョイ)、社会人会クワイア(Marvellous Light)、沖縄からゴスペルシンガーのBless(ブレス)、愛結(あゆ)をゲストとして迎えた。
 コンサートのテーマである「いやしのコンサート 心に深く」は、コンサートを通して、多くのさまざまな状況の方々に、いやしの祝福が現されるようにという期待を込めた思いがタイトルになったという。

→続きはこちら
  • Gifts、TrueVine、Noah ゴスペルコンサート
  • しるしと不思議ら ロープウエーのイベントで
  • 山里ゴスペルクラブら 長崎県民の森で5時間コンサート
  • 論説 21世紀型宣教と教会
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 こどもキブツ
教会情報 トップへ戻る

2年以内に「家庭教会」の根絶か
中国共産党

 中国共産党が、今後2年間で全国の「家庭教会」(非公認地下教会)を抹殺すること目指している。実際に、この取り組みを強化しており、強制的に教会を閉鎖し、インターネット上でも「家庭教会」を標的にしている。
 中国における、信教の自由の迫害と人権に関するメディア『ビター・ウインター』が入手した情報によると、公認の「三自教会」に所属していない、独立した「家庭教会」を2年以内に全て排除する計画を中国共産党が立てていると、各省の警察が公然と信者たちに告げている。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 Yamato Gospel Club
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

娘の上履きがトイレの便器に 小学校でいじめ?
「すべてを感謝」する中で最高の祝福が

 ある日、事件が起こりました。その事件のことで、娘が通う小学校の、担任の先生から家に電話がありました。
 事件というのは、娘の上履きがお手洗いに行っている時に紛失したというのです。担任の先生と娘と上履きを探しました。何と見つかったのは、トイレの便器の中だったのです。
 先生も娘もびっくりしましたが、先生はすぐに上履きを洗剤できれいに洗ってくれました。いじめも視野に入れ、慎重に事件の解明に努めてくれました。まずクラスで話し、同じ階の、他のクラスにも呼びかけてくださり、聞き取り調査が行われました。
 私は担任の先生の話を聞いて、とてもショックを受けてしまったのですが、ともかく、娘とこのことが許されたことを感謝し、神さまに解決してくださいとお祈りしました。

→続きはこちら
  • Bible 長血の女の信仰

米国防総省 中距離ミサイル実験実施
INF条約失効後初

 時事通信などによると、米国防総省は8月19日、西部カリフォルニア州で、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約(今月2日に失効)で規制されていた地上発射型巡航ミサイルの発射実験を実施したと発表した。INF条約の失効後、米国が発射実験を行うのは初めてだ。
 米国防総省によると、実験は18日にサン・ニコラス島で行われ、通常弾頭用のミサイルが500キロ以上先の標的に命中。実験で得られたデータは中距離ミサイル能力の開発に活用されるとした。米国は新型ミサイル開発を本格化し、ロシアや中国をけん制する狙いがあるとみられる。
 ミサイルの詳細は明らかにされていないが、米メディアによると、海軍のトマホーク巡航ミサイルを地上発射用に改修したものとみられる。発射車両は垂直発射システムMK41を改修した。現行型トマホークは最大射程3000キロに達する。米国防総省は11月に、INF条約の禁止対象だった中距離弾道ミサイルの実験を計画している。

→続きはこちら
  • 米ミシガン湖周辺 魚が大量死 化学物質流出
  • 英首相 EUへ再交渉要求 EUは拒否
  • 英紙 離脱による影響予測 公式文書掲載
  • マクロン仏大統領 露にEUへの接近促す 仏露首脳会談
  • アフガニスタン 結婚式で自爆テロ 63人死亡
  • 香港デモ 中国は制圧訓練で威嚇
  • 米当局 銃乱射を未然に阻止と発表
  • 終わりの時代に向かって 次々と起きる異常気象

高齢者の労働災害増加
「精神障がい」働く40~30代女性

 働く高齢者の労働災害が増えている。また、「精神障がい」による労災請求件数は女性の40歳代と30歳代に増えていることが、厚労省がまとめた2018年の労災発生状況で分かった。
 政府は「人生100年時代」を掲げ、希望者が70歳まで働けるよう雇用環境の整備を進めている。かつては「定年退職後は年金で悠々自適」というのが老後のイメージだったが、今では危険と隣り合わせで働く高齢者も少なくない。「生涯現役」というなら、「労災を予防する取り組みが企業側に求められる」と労働法の専門家は話している。
 目立つのが転倒事故だ。全世代では労災全体の25%が転倒によるものだが、60歳以上に限れば37.8%を占める。50代(30.3%)と比べても7.5ポイント高い。
 男女別でみると、転倒事故の割合は10~40代までは男性の方が高いが、50代以上は女性の割合が高くなる。厚労省の担当者は「骨が弱くなりがちな高齢女性が転倒して骨折し、長期の休業につながるケースが多いのではないか」と分析する。

→続きはこちら
  • 全日空G「空飛ぶバイク便」事業へ ドローン2機を同時運行
  • エコアクション応援アプリ「イイことぐるぐる」 兵庫県神戸市
  • 障がいがある人の文化・芸術活動支援センター設立 石川県金沢市
  • 段ボールSL館 オープン 熊本県玉名郡
  • 近づく東京大地震 土砂災害から身を守る3つのポイント
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り カンボジアよりも暑かった

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
イスラエルベングリオン空港での出来事

 先日、短い期間でしたがギリシャ・ロドス島へ行ってきました。まだ夏休みが始まったばかり?だったのか、思ったよりも混雑することなく行きも帰りもスムーズ。楽しい夏休みとなりました。
 さて、そんな楽しい夏休みも終えて、次の週から主人は通常通り、仕事に出掛けていったのですが、会社ではみんな疲れ切った顔をして空港で起きた出来事を話題にしていたといいます。どうやら、会社の人たちがイスラエルに戻る朝、ロドス島の空港で6時間ほど待たされ大変だったそうです。
 最初は何が起きているのかわけが分からず、空港会社側も何も教えてくれなかったようですが、時間がたつにつれてイスラエルベングリオン空港の荷物の自動セキュリティーシステムが故障してしまい、荷物のセキュリティーチェックができなくなったことが大きな問題となっていました。

→続きはこちら
  • イノンド
  • 旬の一品 レタスとトマトのペペロンチーノ

「GarageBand」でクリエイション 第14回
多重録音にチャレンジしてみよう(ベース編)

 『トラック編集画面』の左下の『+』アイコンをタップ→ サウンドブラウザが現れる→ 左右にどちらかにスワイプして『BASS』に持ってくる→ 左下の『SmartBass』をタップ→ 『コードバー』が出現。
 ピアノ入力の時にも『コードバー』を使いましたが、見た目は違えど基本的に同じ様な作りです。ただベースなので4本の弦。縦に4つの音しか鳴りません!

→続きはこちら

注目This Week

<J.Gospel>こころごすぺる開催

いやしのコンサート
心に深く

→2面 信仰面

<体験談>小学校でいじめ?

上履きが便器の中に
感謝の対応で最善が

→5面 体験記・証し面

<文化>GarageBandでクリエイション 14

多重録音にチャレンジ
ベース篇

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード