み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

米国とイラン ウラン濃縮問題で対立激化
日韓は貿易摩擦 世界各地で国家間の懸念

 イランのウラン濃縮度超過問題を巡り、米国が一層の制裁強化に動きつつある。軍事衝突の懸念もささやかれる中、動きが注目されている。世界情勢で対立する国々の動きと合わせ、終末のしるしを読み解く。
 国際原子力機関(IAEA)報道官は7月8日、イランのウラン濃縮度が核合意上限の3.67%を超過したことを確認したと明らかにした。イラン側は、ウラン濃縮度について4.5%以上になったと明らかにしており、今後、20%以上に高めることも可能との姿勢も示している。20%濃縮を実行すれば、核兵器級の90%高濃縮ウラン製造に近づくため、国際社会での一層の懸案となる。
 米トランプ政権の対イラン制裁強化方針に対し、イラン側が圧力に屈しないとの姿勢を示したもの。一方、ペンス米副大統領は8日、核合意の上限を超過しウラン濃縮を進めたイランに対し、軍事的対応をも示唆して警告した。ワシントンDCで行われた、イスラエルを支援するキリスト教右派の会合で述べた。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京カリスマ聖会開催
リバイバルへ 「備えと立て上げ」が進む

 東京カリスマ聖会が7月7日、新宿のハイアットリージェンシー東京で行われた。第1セッション(第1部)では、ゴスペルライブTVプラスが行われ、7グループがゴスペルを歌った。
 第2セッション(第2部)では、前半にテモテ小林牧師(東京アンテオケ教会)による御霊(みたま)の賜物(たまもの)のセミナーが持たれた。後半では主講師のパウロ秋元牧師が、イザヤ書55章11節からメッセージを語った。
  秋元牧師は冒頭でみこころの結婚は祈りと示しの確認がポイントであると触れ、またいやしの働きに関して聖霊の働きが強まっており、リバイバルの働きのためにいやしの働きが大きく用いられ、広がっていくことを語った。一人一人が祈っていく時に神のわざが起こり、またそれを言うことで神の栄光につながると語った。また巨大な教会になるには2つのポイントがあり、一つは賛美の働き、中心的にははいやしの働きだと述べた。

→続きはこちら
  • J.GOSPEL LIVE ららん藤岡で開催
  • 風のひびきフィルハーモニー交響楽団 The Fujinkai&GRACEと宝石
  • PATOLIS 東久留米市のデイサービスでゴスペルコンサート
  • 論説 リバイバルといやし
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 塚脇三枝子iさん
教会情報 トップへ戻る

プーチン大統領
バチカンで法王と会談

 7月4日、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、バチカン(ローマ法王庁)を訪問、フランシスコ法王と会談した。バチカンによると、内戦が続くシリアなど中東でのキリスト教徒の保護やウクライナ、ベネズエラ情勢のほか環境問題などについて協議した。
 プーチン大統領は法王にロシア正教会の聖像画を贈呈した。法王はバチカンの風景を描いた版画をプーチン氏に贈り、バチカンへの再訪を求めた。会談について大統領は「非常に本質的で興味深い内容だった」と評した。プーチン大統領の遅刻により、法王との会談は予定より約1時間遅れて始まり、約55分間にわたって行われた。大統領が法王と会談するのは3度目だが、2013年の会談では50分、15年の会談では1時間超遅刻した。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 LoVゴスペルクワイヤ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

彼の打ち傷によって、いやされた 後編
母の入院 心電図で「死」を確認

 私はイザヤ書53章3~5節を、毎日大きな声で信仰を込めて読みました。このように書かれています。「彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。(3節)まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。(4節)しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎(とが)のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた(5節)」。
 この後、私たちはこのみことばの真実を受け取ることになります。2度にわたる入院の中で、母は止まることのない激しい痛みや苦しみを体験していました。それで、この箇所でイエスさまが病を知っておられ、私たちの病を負い、私たちの痛みを担ってくださり、私たちのそむきの罪のために刺し通されたのだ、と分かったその時、こんなにつらく痛いものを代わりに担ってくださったのは、ただありがたくもったいなくて…、イエスさまありがとうと、母は泣き崩れました。その日半日ほど母は泣いていました。

→続きはこちら
  • Bible イエスさま

イラン濃縮度引き上げへ
核合意再び違反 欧州に圧力

 イランは7月7日、欧米など主要6カ国で結んだ核合意で、3.67%以下と規定されたウラン濃縮の上限を無視し、引き上げると発表した。国際原子力機関(IAEA)が1日確認した低濃縮ウラン貯蔵量超過に続き、さらに深刻な合意違反となる。
 5月に続いて60日という期限を制定し「第三段階」の履行放棄も辞さない方針を示した。いずれも英仏独の3カ国に、イランとの経済取引維持の合意履行を求める狙いがある。
 米トランプ政権の強硬な対イラン政策が続く中、2次制裁を恐れ対応に苦慮する欧州に対し、核開発を「切り札」として圧力を掛ける捨て身の戦術だが、イランの強硬な態度に欧州で反発が強まり、米側への同調機運が高まる可能性も大きい。
 また、イスラエルのネタニヤフ首相は7日、イランのウラン濃縮を進める方針に対し「非常に危険な一歩で、核爆弾準備の目的しかない」と警戒をあらわにした。

→続きはこちら
  • 英海兵隊 イラン・タンカー拿捕 米国の要請
  • 仏大統領 さらなるEU拡大に反対 
  • ギリシャで政権交代 新首相にミツォタキス氏
  • 米カリフォルニア州 大きな地震相次ぐ
  • 世界各地で異常気象
  • 英国 北アイルランドに同性婚と中絶の権利
  • 特派員スケッチ 世界の街角から 独立記念日
  • 終わりの時代に向かって イランの核合意違反の影響

ガザから「火災たこ」で作物に被害
イスラエルの森林や農地

 イスラエルや米国への抗議デモが続くパレスチナ自治区ガザから発火物を付けた風船やたこが飛来し、イスラエル側で火災による被害が拡大している。死傷者は出ていないが、農作物や家畜などの被害総額は2億円超とされる。イスラエル軍は「この状況が続くことを決して許さない」と警告。大規模な軍事作戦が必要との強硬意見も出ている。
 ガザでは3月末からイスラエルや米国に対する抗議デモが断続的に続き、イスラエル軍による銃撃などもある。
 デモ参加者の若者らは、油を染み込ませて火を付けた布や火炎瓶をぶら下げた風船とたこを放ち、それらがイスラエル側の森林や農地に落ちて火災が発生。イスラエルのメディアによると、6月中旬までに400件以上の火災が起き、約25平方キロメートルが焼失したという。

→続きはこちら
  • 害虫「ガ」が日本に初侵入 鹿児島の農場で幼虫発見
  • AIで地下街の人の動きを予測し冷房をコントロール 兵庫県神戸市
  • アクティブる天草 海を満喫 熊本県天草市
  • デジタルアート THU イベント開催決定 石川県加賀市
  • 近づく東京大地震 災害時に役立つ風呂敷
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 悪いものから 日々守られますように

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
どこにいてもデモ

 現在、イスラエルは暑い日々が続いていますが、そんな中、エチオピア系ユダヤ人によるデモと超正統派によるデモによって多々渋滞、道がいろいろな所で閉鎖されることが多くなりました。このデモによって会社や出掛け先において一般市民にも多くの影響がでています。
 エチオピア系ユダヤ人のデモは、最近警察とエチオピア系ユダヤ人の若者による争いで警察官がエチオピア系ユダヤ人の青年を射殺したことに対してエチオピア系ユダヤ人たちが怒り、差別反対のデモを起こし、超正統派によるデモは、徴兵義務化法に反対しているデモです。
 超正統派のデモはエルサレムがメインとなり、そこまでイスラエル中には広まっていませんが、エチオピア系ユダヤ人のデモはイスラエル中に広がり、あちこちでとても荒れています。突然、始まったデモの日は会社から家に帰れなくなってしまった人たちも多く、道沿いに車を止めて2時間歩いて帰ったという人たちもいました。

→続きはこちら
  • 熱中症に気を付けて
  • 旬の一品 かつおのたたきオクラ添え

「GarageBand」でクリエイション
多重録音にチャレンジしてみよう(ピアノ編)

 今回からピアノ・鍵盤録音です。ピアノと言えば白と黒の交互に並んだ鍵盤を弾くのが基本ですが、GarageBandでは楽器を弾いたことがなくても録音できる、独自の入力方法がいくつかあるので、その機能を使っていこうと思います。
 もちろん、ピアノに慣れている方はそのまま鍵盤からでも入力できます! 今回は鍵盤楽器を録音する前の準備をしていこうと思います(準備が多くてごめんなさい!)。

→続きはこちら

注目This Week

<リバイバル>東京カリスマ聖会

リバイバルへ
「備えと立て上げ」が進む

→2面 信仰面

<証し>母の入院 いやし 後編

心電図で「死」を確認
病室にイエスさまが

→5面 体験記・証し面

<文化>GarageBnadでクリエイション

多重録音にチャレンジ
ピアノ編

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード