み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

第2回米朝首脳会談 事実上決裂
北朝鮮非核化は 日韓への影響は

 2月28、29の両日、ベトナムの首都ハノイで行われた第2回米朝首脳会談が事実上、決裂した。中国、韓国、日本などを含めたアジア情勢は今後、世界にどう影響を及ぼすのか。北朝鮮の核問題の行方はどうなるのか。聖書にある終末の記述とともに動きを追う。
 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は3月11日、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談が事実上の決裂となったことを巡り、「外交はまだ非常に活発だ。期待した前身は遂げていないが、北朝鮮側とは深く関わっている」と強調した。
 ビーガン氏は、3回目の首脳会談の可能性についても「対話のドアは開いている。大統領は3回目の会談を排除していない」との姿勢を示した。米国側の思惑は、北朝鮮との軍事的緊張が再び高まることを回避することとみられる。
 ただ、北朝鮮の非核化について、具体的な行動を求める米国と、経済制裁解除を中心とした米国からの「見返り」を求める北朝鮮側との主張は、依然、食い違いを示しており、先行きは不透明だ。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

礎の石孤児院ザンビア 孤児院報告会
白馬と東京で開催 多くの人々が集う

 2月末から3月初頭まで、礎の石孤児院ザンビアの現地駐在員、シオン桜子ムタレさんが一時帰国した。帰国は突然決まったが、ザンビア孤児院の活動や子どもたちの現状について、多くの方により深く知ってもらうため、2月28日と3月2日に報告会が開かれた。
 2月28日は、長野県白馬岳山麓にある白馬グリーンプラザホテルが会場となった。礎の石孤児院を支援しているthe Light of Eternal Agape(TLEA)というキリスト教団体が、同ホテルで行った白馬スネルゴイキャンプの中で開催された。
 3日前からの告知にもかかわらず、このイベントには多くの人々が集まった。報告会では、シオン桜子ムタレが現地で撮影した写真を元にザンビア孤児院での孤児院としての活動、ストリートチルドレン援助活動、孤児への学資支援の活動について40分にわたり、報告した。報告会の最後には質疑応答の時間もあり、多くの質問が寄せられた。

→続きはこちら
  • J.GOSPELコンテスU21・KIDS関東地区予選
  • 四日市シオン教会 チャペルコンサート
  • 京都シオン教会の賛美隊 特別養護老人ホームでコンサート
  • 論説 試練に遭った時
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 TLEA映画ミッション「チーム・ヘスス」
教会情報 トップへ戻る

「未成年者の保護」をテーマに
司教会合開催 法王も出席 

 2月21日、バチカン(ローマ法王庁)のシノドス・ホールで「未成年者の保護」をテーマにした司教会合が開催された。会合には、全世界の司教協議会会長をはじめ、法王庁の関係機関の責任者、修道会の総長らが参加した。
 「バチカン・ニュース」によると、法王は、「教会関係者による未成年者への性的搾取が生んだ傷を前に、聖霊の導きに従い、正義を求める子どもたちの叫びに耳を傾けるために、皆さんをここに招集した」と、会合の目的を示した。
 会合は22日、法王の出席のもとに、祈りと聖書朗読から始まり、その後、聖職者から虐待を受けた被害者の手紙が読み上げられた。被害者の手紙に耳を傾けた後、長い沈黙の時間を経て、参加者らは再び祈りを続け、会合は24日、閉会した。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 柏ゴスペルクラブ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

心筋梗塞からの回復 後編
命に関わる病気との戦い いやしのことばで元気に

 集中治療室(ICU)で何日か過ごし、少し良くなったということで個室に移りました。入院する前は90キロあった体重が、手術して数日間の間で65キロに体重が減りました。別人のようになった私を見て、みんな驚いていました。
 また、今回の病を通して、心臓病と糖尿病であることが分かり、治療を開始することになりました。
 今まで野菜を食べなかったので、いつかはこういう時が来ると思っていました。ゼロからの出発、という思いで、神さまに感謝しました。命に関わる病気との戦いになりましたが、全ての事を神さまに委ねていたので、平安がありました。

→続きはこちら
  • Bible 父の愛

第2回米朝首脳会談
「非核化」食い違いで決裂

 ベトナムのハノイで2月27日、28日に開催された2回目の米朝首脳会談は、米朝合意もなく、まさかの決裂に終わった。
 27日夜、夕食の席で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が寧辺(ヨンビョン)の核施設の廃棄を主張した。それに対し、トランプ米大統領は寧辺のみならず、全ての核兵器・物質・施設の廃棄を制裁解除の条件として提案し、意見が対立した。
 金委員長は、核完全放棄に直ちに踏み切れるほど、まだ米朝間での信頼関係が構築されていないと異を唱えた。米情報機関は北朝鮮が核を放棄する可能性は低いと分析しており、双方の「非核化」に対する考えの食い違いが露呈された形だ。

→続きはこちら
  • 印パ・核保有国同士 対立激化
  • 米国 在米EU大使の地位回復
  • 仏大統領 イタリアとの関係改善訴える
  • 英議会 「EU離脱延期」採決を承認
  • モバイル機器見本市 電子チップ埋め込み実演 スペイン
  • 仏大統領 「欧州の再生」呼び掛ける
  • バチカン 故ピウス12世の秘密文書公開へ
  • 米国 エルサレム領事館を大使館に統合
  • 終わりの時代に向かって 核兵器に注意

イスラエル直行チャーター便が9月運航
直行定期便の実現に期待 観光庁

 日本―イスラエル間で初めてとなる航空機チャーター便が、2019年9月に運航することが決定した。イスラエル大使館は2月6日に、日本の観光庁は同月7日にそれぞれ発表した。
 サイバーセキュリティーなどに高い技術を持つイスラエルには企業関係者の訪問が増えており、両国首脳も直行便の必要性を強調していた。
 記者会見したイスラエルのヤッファ・ベンアリ大使は「(日本とイスラエル間の)移動時間は直行便で(従来比)30%減り、12時間ほどになる。就航をうれしく思う」と話した。
 直行チャーター便は、イスラエルのエルアル航空子会社が、イスラエルのベン・グリオン空港と成田空港をボーイング777-200で結ぶ。9月13、20日にイスラエルから日本へ、14、21日に日本からイスラエルへ約12時間半で運航する。

→続きはこちら
  • 同性婚求め13組が提訴 外国からの働きかけ強まる
  • 米シリコンバレーに拠点設置 石川県公立小松大学
  • 但馬牛「世界農業遺産」申請へ 兵庫県美方郡
  • 年賀状1等賞金で図書購入し寄贈 熊本県上益城郡
  • 近づく東京大地震 家具の置き方を工夫
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 5歳男児を受け入れました

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
もうすぐイスラエルでは総選挙があります

 もうそろそろ冬も終わりかと期待をしていましたが、最近また大雨と雷が続いています。エルサレムでは、激しい雨のために車が流され、車に乗っていた2名が救助隊によって助けられたというニュースも流れるほど、まだまだ雨は降り続きそうです。
 また、風邪をぶり返してしまっている方々も多いため、やっと風邪が治った私も、今はしっかりとぶり返すことがないように祈るとともに、大いに気を付けています!
 そんな中、現在イスラエルでは4月9日に行われる総選挙で毎日にぎわっています。今では毎日のように、携帯電話に電話がかかってきたり、メッセージが届いたりするほど、選挙運動が激しくなってきました。

→続きはこちら
  • 危ない 睡眠負債
  • 旬の一品 牛肉と三つ葉の炒め物

クリスチャンのアカデミー賞と言われる
2019年ムービーガイド授賞式 後編

 第27回ムービーガイド授賞式が2019年2月8日金曜日、ハリウッドのヒルトン・ユニバーサル・シティーホテルで持たれた。東京アンテオケ教会牧師で、TLEA映画ミッション総主事のペテロ窪田さんが出席し、またプレスとして受賞者にインタビューを行った。今回は、その後編。
 今回は、映画「パウロ」でジム・カヴィーゼルさんは主演の2人のうちの1人で、ルカ役でした。
 映画「パウロ」がベスト10にノミネートされているのと、演技でもジム・カヴィーゼルがノミネートされているのを私は、知っていたので、恐らく、ジム・カヴィーゼルさんは、15年ぶりに授賞式に来られるのではないかと祈っていました。

→続きはこちら

注目This Week

<報告会>礎の石孤児院ザンビア

白馬と東京で報告会開催
Giftsのコンサートも
 

→2面 信仰面

<証し>イスラエルチーム参加の恵み 前編

神さまからのプレゼント
オリーブ山での憩い
 

→5面 体験記・証し面

<文化>人気映画「God's Not Dead」

「神は死んだのか」
シリーズの根底にあるものは?
 

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード