み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

ロシア北部 軍実験施設で爆発事故
原子力新型兵器開発か 5人が死亡

 ロシア北部アルハンゲリスク州の海軍実験施設で8月8日、爆発事故があり、原子力企業ロスアトムの従業員5人が死亡した。原子力を推進力とする新型兵器実験中の事故とみられる。核を巡る動きを、終末の記事と合わせて見る。
 ロシア北部アルハンゲリスク州セベロドビンスク近郊の海軍実験施設で8月8日、爆発事故が起きた。事故により、国営原子力企業ロスアトムの専門家5人が死亡した。
 同社のリハチョフ社長が12日、事故が「新型兵器」の実験中に起きたことを明らかにした。ただ、軍事機密を含むため、詳細は不明だ。新型の原子力推進式ミサイルの実験中に事故が発生し、近隣地域の放射線量が一時的に高まった深刻な事故だった、との見方が出ている。
 ロシア気象庁は13日、事故直後に周辺地域音放射線量が、一時最大で自然放射線量の16倍に相当する内示1.78マイクロシーベルトに上昇したと発表した。また、地元の行政当局が8日に、インターネットサイトで放射線量の一時的上昇を伝えたが、記事は間もなく削除された。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

聖路加国際大学で
カンボジア孤児院報告会&コンサート

 8月6日、聖路加国際大学本館1階、ALICE C.ST.JOHN Memorial Hallで、カンボジア孤児院の現地責任者であるルツ前田克子氏、孤児院のメンバー5名と、ゴスペルグループGiftsによる、活動報告会&チャリティーコンサートが行われた。
 主催は、聖路加国際大学学内サークルLove Your Neighbor、会場には宣伝開始が直前だったのにも関わらず、70人以上の来場者が集まった。
 会の冒頭で、カンボジア孤児院の前田氏、孤児院のメンバー5名の紹介と、NPO法人礎の石孤児院総主事である真境名歩氏より、あいさつと孤児院の働きの趣旨説明がなされた。前田氏によるカンボジアでの活動報告がなされ、また、孤児院メンバーの制作したダイジェスト映像が流された。
 質疑応答の時を持ち、1カ月の食費や、プノンペンの治安など、具体的な質問がなされ、前田氏は、一つ一つに丁寧に答えた。また、今回、カンボジアの孤児院発足当初、最初に孤児院にて受け取ったメンバーも来日しており、自分自身の境遇から孤児院に来たことを通して大きな神からの恵みを受けたことなどが述べた。

→続きはこちら
  • 「よこすか J.GOSPEL FES 2019」開催
  • 広島・呉神の教会の賛美隊 原爆の日に 平和公園でコンサート
  • 論説 世代交代
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 Eshurun(エシュルン)
教会情報 トップへ戻る

在日大韓基督教会と日本キリスト教協議会が
平壌へ訪朝団

 7月27日から8月1日、在日大韓基督教会(KCCJ)訪朝団(4人)と日本キリスト教協議会(NCCJ)訪朝団(4人)が北朝鮮の朝鮮基督教連盟との交流事業を目的に、平壌を訪問したことが明らかになった。朝鮮総連の機関紙『朝鮮新報』が「平壌発」として報じた。
 「鳳岫教会で行われた礼拝のようす」と説明のある写真も掲載されている。日時は明らかにされていないが、訪問期間内の礼拝とすれば、平壌の鳳岫(ポンス)教会で7月28日に行われたと見られる。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 Blessing rise
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

献金の恵みに預かりたい
「受けるよりも与える方が幸いである」

 私は信仰書を読むのが好きです。その中には、結構、献金の証しがあります。神にお金をささげることで、逆に経済的に豊かなるという祝福や、信仰が引き上がったという内容でした。
 聖書には、「受けるより、与える方が幸いである」(使徒の働き20章35節)とありますが、だんだん私も、そんな体験がしたい、感謝献金など、特別な献金に挑戦してみたいと思うようになりました。
 しかし現実は元手がない。つまりなかなか経済的な余裕がなく、日曜礼拝の席上献金の額を少し増やすのがせいぜいでした。でも神さまは、そんな願いを覚えていてくださっていました。

→続きはこちら
  • Bible できるものなら

露軍事施設 爆発事故で5人死亡
小型原子炉に関連

 ロシア北西部アルハンゲリスク州の軍事施設で8月8日、爆発事故が起き、露国営原子力企業「ロスアトム」は10日、この事故で従業員5人が死亡したことを明らかにした。同社の専門家は12日までに、小型原子炉開発に関連した事故だったことを明らかにした。
 周辺地域では、事故後に放射線量の上昇が観測されたとの情報もあり、原子力利用の新型ミサイルとの関連が指摘されていた。軍事機密に関わるため詳細は明らかにされていないが、共同通信などによると、原子力利用の新型兵器の開発に関連した事故であることが確実となった。
 また、トランプ米大統領は12日、同事故について、同国が開発中の原子力推進式巡航ミサイル「9M730ブレべストニク(欧米での呼称はSCCXスカイフォール)」が爆発したものであると指摘した。トランプ氏は「米国は爆発から多くのことを学んでいる。米国にも同様の技術はあるが、より発達している」と述べた。

→続きはこちら
  • 米テキサス 銃乱射容疑者「メキシコ人狙った」
  • イエメン・南部独立派 アデンを掌握 戦闘で40人死亡
  • 次期欧州委員長 関係改善目指す 東欧期待示す
  • 欧州5カ国 セルビアとコソボに対話要請
  • イラン巡る米仏関係 米大統領、仏大統領を批判
  • 米国 銃乱射の犠牲者 半世紀で千人超
  • マリ 半年間に子ども150人殺害
  • フィリピン デング熱が猛威 死者720人に
  • 終わりの時代に向かって ガザ地区の軍事力向上

温暖化が世界経済に甚大損失
日本の労働時間損失13万人分

 国際労働機関(ILO)は8月1日、地球温暖化が進めば、高温により職場での労働生産性が低下し、2030年には世界で推計2兆4000億ドル(約260兆円)の経済損失がもたらされる可能性があると発表した。
 特に屋外での作業が多い農業と建設部門への影響が大きいと指摘。各国政府や経営者らはこれらの現場で働くことの多い、移民や非正規労働者、ワーキングプア(働く貧困層)への「高温対策を緊急に取る必要がある」と訴えた。
 一般に高湿度で気温が35度を超えると熱中症にかかりやすくなり、作業中の事故も増え、労働生産性は落ちるとされる。
 影響は地域によって異なる。労働時間損失が最も大きいのは、南アジアと西アフリカだった。日本の場合は12万6000人分の雇用に相当する労働時間が失われるとした。

→続きはこちら
  • NEC「空飛ぶ車」の浮上実験 2023年実用化を目指す
  • 第101回 夏の甲子園大会開幕 兵庫県西宮市
  • あいちシェイクアウト訓練の参加者募集中 愛知県
  • 全日本高校生WASHOKUグランプリ 石川県金沢市
  • 近づく東京大地震 気象警報・注意報
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 日本滞在中の貴重な体験と、留守の間の守りを感謝します

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
アヴの9日(ティシュアー・ベアーブ)

 先日、8月10日の夜からユダヤ歴でアブの9日(ティシュアー・ベアーブ)と呼ばれている特別な日でした。このアヴの9日はユダヤ人にとってはとても重要な日となっていて、断食をする日です。特に宗教的なユダヤ教の方々が断食をするのですが、このアヴの9日にユダヤ人にとっては、最も悲しい出来事が4つも重なった日となっているからです。
 その悲しい日が重なった一つ目の出来事は、ユダヤ人たちが荒野で、神さまにつぶやいた結果、神さまはこれを見て怒り、モーセの引き連れた世代(ヨシュアとカレブ以外)は約束の地に入れないと告げられ、嘆き悲しんだ日です(民数記13~14章より)。
 そして、二つ目は、紀元前586年、エルサレム第一神殿とユダ王国がネブガデネザルの新バビロニア王国によって破壊され、人々がバビロンへと連行された日。さらに3つ目は、AD70年、エルサレム第二神殿がローマ帝国によって再び破壊されてしまった日です。
 そして、最後は、バル・コフバの反乱(第二次ユダヤ戦争AD132~135年)により、多くの指導者やユダヤ人が戦死した日なのです。このようにユダヤ人にとってつらい日が、このアヴの9日に続けて起こったのです。ですから、このアブの9日は断食をして嘆く日となりました。

→続きはこちら
  • 「腹八分目に医者いらず」 健康寿命を延ばしましょう!
  • 旬の一品 夏野菜ぶっかけそば

「GarageBand」でクリエイション 第13回
多重録音にチャレンジしてみよう(トラック編集編)

 今回は第12回に引き続き、リージョン編集です。前回、細かな部分の1音1音に対しての編集でしたが、今回はリージョン全体の編集です!
 『トラック編集画面』を表示している状態からスタートしていきます。録音したピアノ(ドラムでも可)のリージョンをダブルタップ → リージョンの上に編集メニューが出ます。今回はこの編集メニューをご紹介します。

→続きはこちら

注目This Week

<報告会&コンサート>カンボジア孤児院

聖路加国際大学で
Giftsらも賛美

→2面 信仰面

<体験談>献金の恵みに預かりたい

受けるよりも与える方が幸い
経験したことのない喜びが

→5面 体験記・証し面

<文化>GarageBandでクリエイション 13

多重録音にチャレンジ
トラック編集B

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード