み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

新型コロナウイルス拡大 主戦場が欧米に
世界的パンデミックに 経済的困難も懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大はアジアから欧米へと主戦場を移す格好となっている。世界の感染状況を終末の記述と合わせて追う。
 外務省のまとめによると、3月24日時点での、新型コロナウイルスの世界の感染状況(累計)は、中国が8万1171人と最も多いものの、次いでイタリアが6万3927人、米国が4万2327人、スペインが3万3089人、イランが2万2049人、ドイツが2万2672人、フランスが1万9856人と欧米が急増していることが分かる。
 感染の多い国の、トップテンのうち6カ国が欧州となっており、感染状況の深刻さがうかがえる。イタリアでは死者数が中国を上回り、6800人を超えた。
 このほか、大きくは感染拡大していないとされているインドなども24日から21日間にわたり、外出制限を決めるなど「完全封鎖」へと踏み切った。世界的なパンデミック(世界的大流行)に、各国の基盤が揺らぐほどの事態となっている。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

21世紀型福音宣教 YouTubeを用いた企画
「GiftsTV」 ゴスペルを全世界に

 21世紀型福音宣教のため、動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)などを用いたさまざまなコンテンツを紹介する企画の第3弾。今回は、東京アンテオケ教会の賛美グループ、Gifts(ギフツ)のチャンネルを紹介する。
―GiftsのYou Tubeでの活動について教えてください。
Giftsのサムエル笠原牧師(以下、サムエル) まず、GiftsのYouTubeでのオフィシャルページがあり、その中に企画の一つとして「GiftsTV」というものがあります。
 世の中でYouTuber(ユーチューバー)として活動している方々のように、いろいろな企画をアプローチし、Giftsのミュージックビデオを通して、最終的にはゴスペルを聴いてもらうところに結び付けばいいと考えています。

→続きはこちら
  • 関西合同賛美隊Splendor 和歌山南紀白浜のホテルでロビーコンサート
  • Gospel Seed 路上ライブで救いのみわざ
  • エルサレム 福島県相馬市でゴスペルコンサート
  • 論説 預言の成就
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 ヨハネ真栄城牧師
教会情報 トップへ戻る

「死海文書」16断片 偽物と判明
米聖書博物館所蔵の全て 調査で

 紀元前3世紀ごろに作られた、ヘブライ語の聖書の写本「死海文書」のうち、米国の首都ワシントンDCにある「聖書博物館」で展示されていた16断片全てが偽物と判明した。
 調査を行ったのは美術品の真偽確認調査を行う「AFI」の創設者でもあるコレット・ロール氏たち。数々の科学的実験を経て作成された最終リポートにより、博物館収蔵の16点の「死海文書」断片全てが偽物であることが報告された。
 リポートによれば、断片はいずれも現代になってから作られたものだったとのこと。オリジナルの「死海文書」のように、羊皮紙に光沢を出したり、洞窟で見つかったことを想定して鉱物で汚したりするなど、明らかに欺く意図が感じられるものだった。

→続きはこちら
  • 韓国の教会で集団感染 原因は誤った消毒方法か
  • ローマ カトリック教会、一部再開放 教皇の要請受け
  • 連載企画 「日本のキリシタンの史跡を追って」
  • 進め賛美隊 
  • 【彼の打ち傷によって】 心臓の痛みのいやし/歯茎の痛みのいやし

神さまに導かれた結婚 後編
結婚式で起こされた救いと奇跡

 結婚に関して祈り始めたものの、正直分かりませんでした。そこで、牧師の助けを借りて祈ってもらうことにしました。すると知恵知識のことばから「デボーションと礼拝に鍵がある」と語られました。このことばを吟味し、神さまからだと確認して握りました。
 宮崎教会の牧師として祝福の祈りを受けた後、その週のうちに急きょ、宮崎に礼拝に行くことになりました。メンバーは5人でしたが、その中に妻がいました。
 その日の朝のデボーション箇所を見た時、私は驚きました。「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです」(ヨハネの福音書15章16節)だったのです。
 礼拝では、同じ聖書箇所からメッセージが語られました。神さまは、まさにデボーションと礼拝を通して、明確に語ってくださったのです。

→続きはこちら
  • Bible 目を覚ましていなさい
世界情勢 トップへ戻る

米国 約1億人が外出制限
感染予防 経済懸念も拡大

 米ワシントン・ポスト紙によると、新型コロナウイルスの感染が拡大している米国で3月23日、1日の死者が100人を初めて超え、米国の死者が計500人を突破した。感染者数も4万3000人以上となった。
 感染防止のため、ニューヨーク、カリフォルニアなど8つの州で自宅待機が命じられていたが、23日、さらにオハイオやデラウェア、ルイジアナ州でも発令された。
 ルイジアナ州は特に、この1週間で患者数が10倍に増えた。米人口の約3分の1に対し外出制限が出された。アダムス米公衆衛生局長官は同日、感染が今週「悪化する」可能性があると警告した。
 感染拡大防止の動きが強まる一方で、国内経済への影響が懸念されている。米議会上院は23日、感染拡大による景気不安に対応する大型経済対策の法案採決に進む動議を否決した。共和党主導の法案に野党民主党が「大企業救済策」だと反発。成立が想定より遅れるとの懸念が広がり、同日の米欧株式市場は下落した。

→続きはこちら
  • ASEANとインドで感染拡大 新型コロナウイルス
  • 北朝鮮 「弾道ミサイル」2発発射
  • クロアチア 首都でM5.3の地震
  • 欧州 新型コロナ 死者1万人超える
  • 仏大統領 支持率大幅アップ 新型コロナ対応評価か
  • 国連事務総長 パンデミック対策 貧困国20億ドル必要
  • 東京オリンピック 1年延期決定 パンデミック受け
  • イスラエル 政権樹立に向けた組閣
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り カンボジアの学校も臨時休校
IT・文化 トップへ戻る

ゴスペルクワイヤー Marvellous Light
インタビュー 後編

 ゴスペルコンサート「こころごすぺる」などにも出演中の、東京アンテオケ教会のゴスペルクワイアMarvellous Light。さまざまなアーティストとのコラボレーションも魅力的。前回に続きグループのリーダー、ノア輝美さんに話を聞いた。
―まだ教会に来たことがない方々に対して、どんな願いをもって歌っておられるのですか?
 まず、ゴスペルを通して楽しいなとか、元気が出たなと感じてもらえたらうれしいです。そして、「ああ、私も一緒に歌ってみたいな」、「教会に行ってみたいな」と思ってもらえたら、さらにうれしいです。
 そして、やっぱりその方々が神さまに出会えるように、イエスさまを信じて救われるようにという願いをもっていつも歌っています。

→続きはこちら
  • ネット接続の保証を要請 感染急拡大の中で孤立防ぐ 米連邦通信委員会
  • 児童虐待の早期発見にAI活用 練馬区がIT企業と実証実験へ
  • 国内外のIT、AI、5Gなどの最新技術を追う
  • 近づく東京大地震 PCR検査の検査体制

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

コロナウイルス対策
一人一人ができること

 WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、「世界のほぼすべての国で合わせて30万人以上の感染者が確認された。パンデミック(世界的大流行)は加速している」と述べました。
 感染者は、193の国と地域に上り、増加のペースは、10万人に達するまでが67日、10万人から20万人までが11日、20万人から30万人はわずか4日と速まっています。
<感染予防に最も効果的な方法は手洗い・ウイルスを洗い流す>
 ウイルスは、粘膜から体に侵入します。手が触れやすい顔には目・鼻・口に粘膜があります。触る前から手からウイルスを洗い流しておくことが、感染予防に一番大切です。

→続きはこちら
  • 布マスクの洗い方
  • 旬の一品 スナップエンドウとツナの炒め物
伝えたいこと トップへ戻る

【終末】終わりの時代に向かって
ヨーロッパの宗教に対する意識

 世界のコロナウイルスの感染拡大は続いており、WHO(世界保健機関)によってパンデミック(世界的大流行)宣言もなされました。この後、医療体制が十分に整っていないアフリカ諸国に拡大していけばさらに大変な事になってくるでしょう。確かに終わりの時代に起きる疫病の予兆と考えられます。
 最近、ピューリーサーチが全世界34カ国を対象にした、民主主義に関する調査が発表されました。この中に「宗教の自由」に関する項目が含まれており、各国でどのように考えているかを知ることができます。「宗教の自由」は西欧諸国で認められているものですが、必ずしも人々がそれを重要視しているわけではありません。

→続きはこちら
  • 【聞き従い】聞き従うことの祝福
  • 【感謝】マーリンさんから「感謝と賛美」を引き継いで
  • 【賜物】カリスマの恵み

注目This Week

<映像>ユーチューバー紹介第3弾

21世紀型福音宣教 YouTubeを用いた企画 「GiftsTV」 ゴスペルを全世界に
 
→2面 信仰

<結婚>備えられていた最善の助け手

神さまに導かれた結婚 後編
「立って南へ行き」「従う力を与えてください」
 
→5面 体験談

<ゴスペル>インタビュー 後編

J.GOSPEL Rejoice the Lord!
ゴスペルクワイヤー Marvellous Light
 
→9面 文化

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒140-0004 東京都品川区南品川 5-16-14-315

TEL: 03-6451-4338

FAX: 03-3450-4765

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード