み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

パレスチナで新内閣発足 ファタハ中心メンバーが首相
イスラエルではネタニヤフ氏が続投

 イスラエルでの総選挙の直後となる4月13日、パレスチナ自治政府で新内閣が発足した。中東和平交渉などの行方が注目される中、終末の舞台に向かう世界の展望を含め、動きを追う。
 今年1月、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム教過激派組織ハマスとの和解交渉停滞などを理由に、パレスチナ自治政府のハムダラ首相が同自治政府のアッバス議長に辞表を提出し、それを受けて、新内閣の組閣が必要になっていた。
 アッバス氏は、側近のムハマド・シュタイエ氏を首相に充て、新内閣をスタートさせた。シュタイエ氏は、アッバス氏の支持基盤ファタハの最高意思決定機関である中央委員会のメンバーで、経済の専門家でもある。ハマスに対しては批判的な立場を取る。今後、トランプ米政権の中東和平案への対応や、2007年以降続く自治区の分裂状態解消に向けて、政権運営を進めることになる。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

J.GOSPELコンテストin白馬 北部九州予選
4Kケーブルテレビで放映

 4月6日、福岡県太宰府市の太宰府館でJ.GOSPELコンテストin白馬の北部九州予選が行われた。福岡・大分・佐賀の3県から24グループが出場し、熱戦が繰り広げられ、その中で9グループが九州大会に選出された。
 カラオケを使用するグループが増えてきたり、手話を入れたりなど、各グループの特長を生かした工夫が見られた。会場にはSNSや市の広報の宣伝を通して一般の方々も十数名見に来られ、アンケートには「どれもとても良かった」「心がいやされた! これからも頑張ってほしい」などの声が寄せられた。
 今回はオンライン配信にも多くのアクセスがあった。また、ケーブルテレビ局から取材があり、編集されて9~10日に計7回、コンテストの様子が6市4町の一般家庭と市役所や小中学校等公共施設に放映された。

→続きはこちら
  • Come&Worship リドレ横須賀でライブ
  • J.GOSPELコンテストin白馬 南九州予選
  • PATOLIS 練馬区デイサービスを訪問
  • 広島・呉神の教会の賛美隊 高齢者施設でゴスペル
  • 論説 見分け
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 オリーブの木
教会情報 トップへ戻る

神父ら 「ハリポタ」書籍などを焼却
ポーランド

 3月31日、ポーランド北部グダニスクでカトリック教会の神父らが、英作家J・K・ローリング氏の人気児童小説『ハリー・ポッター』シリーズの書籍などを「神聖なものを汚す」として焼却し、論議を呼んでいる。
 カトリック系団体「天国からのSMS」のフェイスブックページに掲載された写真には、神父らが祈りの言葉を唱え、教会の前にある野外のかまどで本などを燃やす様子が写っている。
 焼却が行われたグダニスク教区のヤン・クハルスキ神父は4月1日、焼却は春の清掃活動の一環として行ったもので、神父らが秩序を正すために持ち寄った「オカルトや魔術に関連するもの」を処分したと述べた。
 「天国からのSMS」が拠点を置くコシャリンコウォブジェク教区の広報担当ボイチェフ・パルフィアノビッチ神父は、ポーランド通信(PAP)に対し、「オカルトや魔術が精神にもたらす真の危険から、注意がそらされる恐れがある」としてグダニスク教区の書籍焼却は「不適切」だと述べた。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 静岡教会の賛美隊と富士ゴスペルクラブ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

両親の救いといやし伝える動画制作を! 後編
再現ドキュメンタリー

 ことばが与えられてから数週間後、実際に救いが起こされました。神戸ロケの後、関西在住で、姉のサラちゃんの、ミュージシャン友達のご家族3人に、福音を語ることができました。そして、そのうちの1人が、何とお母さんと同じ病、統合失調症だったのです。
 映像を通して救いのために祈っていましたが、これからさらに主は映像を用いてくださり、証しを通し、いやしを通して救いが起こされていくんだと確信しました。
 締め切り数日前、編集は3割も終わっていませんでした。なぜなら、わたしは映像編集なんてやったことがなかったからです。一度、編集に慣れている弟に手伝ってもらったものの、締め切り間近は忙しく、「訓練や!」と断られてしまいました。

→続きはこちら
  • Bible あなたを知っている方

イスラエル総選挙
ネタニヤフ首相続投へ

 4月9日、イスラエル議会(クネセト)の総選挙が行われ、ネタニヤフ首相の右派政党「リクード」が得票率26.2%、36議席で第1党となった。
 ガンツ元参謀総長の中道会派「青と白」は接戦となったが、25.9%、35議席だった。全体では右派勢力が過半数の65議席となり、ネタニヤフ氏が続投する見込みだ。
 前回の選挙でリクードと連立した右派政党全てがネタニヤフ首相支援を明らかにしたことから、右派連合の議席は65議席となり、過半数を確保できることが確実となった。ネタニヤフ首相は「素晴らしい勝利だ。迅速に政権を構築する」と述べた。
 選挙戦でネタニヤフ氏は、パレスチナに対する強硬姿勢を有権者に示し、盟友・トランプ米大統領もそれを支援した。また、経済運営での実績が高く評価されたともいわれている。2018年の1人当たりGDPの世界ランキングで、イスラエルは日本の26位より高い23位になるなど、豊かな国となり、軍事技術や先端技術で世界をリードしている。

→続きはこちら
  • パレスチナ自治政府 新内閣発足
  • 台湾 米との「台湾関係法」重要
  • フランス パリ ノートルダム大聖堂で火災 仏大統領「5年で修復」約束
  • EU 対米貿易交渉方針を承認
  • 米南部 アフリカ系の教会で連続放火
  • 「アラブ版NATO」構想 エジプト離脱
  • イスラエル民間探査機 月面着陸失敗
  • 終わりの時代に向かって 中東和平に向けての動き

5G割り当て携帯4社へ 20年度内に全都道府県で
総務省が認定書交付

 総務省は4月10日、次期通信規格の第5世代(5G)移動通信システムの電波を、NTTドコモなど携帯電話大手3社と、10月に新規参入する楽天に割り当てた。
 5Gの運営は4社体制となり、2020年春から本格的に大容量のサービスを展開する予定だ。4社とも20年度内に全都道府県での提供を目指し、全国の基地局整備に今後5年で計1兆6000億円超を投じる。
 石田真敏総務相がドコモとKDDI(au)、ソフトバンク、楽天子会社の楽天モバイル(東京)に、基地局開設の認定書を交付した。5Gは実質的な通信速度が現行の第4世代(4G)の100倍とされ、産業向けの活用にも期待が集まっている。
 10日に開いた電波監理審議会(総務相の諮問機関)で、申請のあった4社全てに5Gの電波の割り当てを決めた。用意した10枠の周波数のうち、スマートフォンに使いやすい6枠はドコモとKDDIに2枠ずつ、ソフトバンクと楽天モバイルに1枠ずつ与える。機器間通信などに向く残りの4枠は4者に1枠ずつ割り当てる。

→続きはこちら
  • ロシアが北方領土に無人機配備 ミサイル攻撃を支援
  • 街中に「ストリートピアノ」 新たなにぎわいの場に 兵庫県神戸市
  • 期間限定 たけのこ掘り体験 愛知県名古屋市
  • 伝統ボードゲームで町おこしを 石川県能登町
  • 近づく東京大地震 大地震の心得
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 準備万端! お正月休みも安心です

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
イスラエル総選挙

 現在、イスラエルはまだまだ不安定な天候が続いていますが、久しぶりに天気の良い4月9日に、イスラエルでは総選挙が行われました。今回の総選挙は10年以上続いているネタニヤフ首相が、いよいよ違う世代へと移行するのではないかと予測されている選挙で、イスラエル市民としては目が離せない選挙となりました。
 通常の選挙では私もイスラエル市民権を持っているので、票を入れることはできるのですが、総選挙は、イスラエル国籍者対象となっているため、私は祈りを持ってサポート、そして子どもたちと一緒に主人について選挙の様子を見に行ってきました。
 選挙は、各住所登録がされている近くの小学校内で行われます。イスラエルの選挙日は祝日となるため、みんな好きな時間に行って投票します。私たちの行った学校前では各党の支持者が集まっており、最後のアプローチをしており、いろいろな場所に旗やチラシがバラまかれていました。

→続きはこちら
  • 春野菜を食べて、体の中の老廃物を出し切りましょう
  • 旬の一品 新じゃがとツナのマスタードマヨのサラダ

TLEA神学校
終末のリバイバルの器を育成する機関

 4月6日土曜日、東京アンテオケ教会会堂(東京都杉並区高円寺北)で、The Light of Eternal Agape神学校(以下TLEA神学校)東京アンテオケ校の入学式が行われた。主の十字架神学校から新たにTLEA神学校と名前が変わった中での初めての入学式となった。
 大学を卒業したばかりのクリスチャン3世や、御霊の賜物の学びを求めて入学した新入生のあいさつから、これからの学びに対する期待を感じた。
 TLEA神学校は1985年、終末のリバイバルの器を育成する機関としてスタートした。聖書信仰に立ち、教会を土台として、主に祈り聞き従うことを学びの中心に置いている。超教派の神学校として、現在は日本全国と海外に85の分校があり、2006年からは、直接教室に来られない方でも学べるようにと、インターネットによる通信制も行っている。

→続きはこちら

注目This Week

<賛美>J.GOSPELコンテスト

北部九州予選
ケーブルテレビ放映も
 

→2面 信仰面

<証し>The Light of Hope 後編

両親の救いといやし伝える動画制作を 再現ドキュメンタリー
 

→5面 体験記・証し面

<文化>TLEA神学校

終末のリバイバルの器を養成する機関 インターネット通信性も実施
 

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード