み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

チェコチーム 30年来の神の示し 成就へ
『預言』の本 ポーランド語訳も完成

 聖所から流れ出る水ミッションから12月9~14日の日程で、チェコチームが遣わされた。神さまの示しとともに、2週にわたり、動きを追う。
 聖書に予告された終末の時代、ヨーロッパは重要な舞台であり、ヨーロッパでの宣教にも主の特別なみこころがあると言える。
 The Light of Eternal Agape(TLEA)では教会の初期の頃から、海外宣教の働きが示され、ヨーロッパの宣教についても神さまからの示しが、預言の賜物を用いる中で語られてきた。その中で、「ヨーロッパ宣教は東ヨーロッパから始まる」こと、「ポーランドにも宣教の道が開かれること」などが語られていたが、時がたち、まさに神さまのことば通り、チェコ、そしてポーランドなど東ヨーロッパで関わりが開かれ、宣教の働きが展開する形となっている。
 今回は派遣期間中に、パウロ秋元牧師(東京アンテオケ教会牧師、TLEA責任長老)の著書『預言―その実際と運用―』(雲の間にある虹出版)のポーランド語訳が完成し、その出版記念も行われた。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京アンテオケ教会 教会感謝会開催
「神の光」の現れの始まり

 12月7日午前11時から、The Light of Eternal Agape(TLEA)東京アンテオケ教会の教会感謝会(総会)が同教会会堂で行われた。会に先立ち、出席者と委任状提出数の合計が規定の定足数を満たしているとの報告があり、感謝会が開始された。
 会衆賛美の後にTLEA責任長老で、東京アンテオケ教会責任牧師のパウロ秋元牧師が、TLEAおよび、教会全体の昨年度における主の働きについて、感謝の祈りがなされた。
 続いて、TLEA各部門の働きについての活動報告および会計報告、本年度の予算計画の発表が各担当者によってなされ、おのおのの承認がなされた。
 さらに秋元牧師が、総括と本年度の働きについて、昨年度、主から与えられた年度のみことば、「ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます」(マタイの福音書13章23節)と、本年度のみことば「この戦いはあなたがたの戦いではなく、神の戦いであるから」「この戦いではあなたがたが戦うのではない。しっかり立って動かずにいよ。あなたがたとともにいる主の救いを見よ」(歴代誌第二20章15、17節)はつながりがあることが語られ、この後、神の戦いでの勝利のうちに本格的な実を見るとのこと、昨年度の年頭に、教会名が主の十字架クリスチャンセンターからThe Light of Eternal Agapeに変更となり、教会に与えられているリバイバル、終末の使命が、次の段階に入る大きな節目となる年であったとのことが述べられた。

→続きはこちら
  • Gifts イオンスタイル鎌取でコンサート 千葉
  • TrueVine 福音派の教会でコンサート
  • Come&Worshipら 救世軍でクリスマスコンサート
  • 論説 「二十六聖人をハリウッドからアニメ映画で」 約束の成就の時
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 ダニエル森清牧師
教会情報 トップへ戻る

韓国人宣教師
トルコ南部で刺殺される

 11月22日、トルコでこの5年間、宣教活動に従事していた韓国人キム・ジンウク牧師(41)が刺殺された。キリスト教宣教組織「クリスチャン・ソリダリティー・ワールドワイド(CSW)」が、キム牧師はこの5年間、トルコで生活しており、昨年からディヤルバキル市で小教会を指導していた、と報じている。
 キム牧師殺害の容疑者として16歳の男性が拘束された。牧師の電話が見つからないところから、強盗狙いの殺人と見られている。しかし現地では、信仰のために標的にされたとの見方も出ている。キム牧師夫妻には4歳の男児があり、さらに夫人は出産直前だった。
 トルコの小さなキリスト教共同体の状況は、2016年のクーデターの影響を受けて、ますます不安定になっている。近年、敵意、ヘイトスピーチ、反キリスト教感情の増加が続いた。この10月、イスラム教徒がユダヤ人やキリスト教徒と仲良くならないよう促す看板が保守色の強い都市コンヤに建立され、トルコ内外の権利擁護団体の怒りと非難に火をつけた。

→続きはこちら
  • 連載企画 「日本のキリシタンの史跡を追って」 15
  • 進め賛美隊 Yamato Gospel Club
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

神さまからの恵み 前編
車を手放したら…

 教会車両として車が与えられた証しをさせていただきます。2018年の夏、ウィッシュ(トヨタ車)が与えられ、乗っていました。ふとした運転中の時に「これ以上乗っていたら何かが起きる。それも良くないこと」という思いが語られました。
 牧師に相談すると、牧師もその思いが来ていると言われました。確信を持った私は車を手放すことにし、牧師に車を預けました。
 とはいえ、今住んでいる愛媛は都会のように、公共機関が発達していないので、車が無いと不便です。その中で車を手放すのは簡単ではないのですが、これを神さまの計画があると捉え、受け取りました。職場へは徒歩通勤、時には公共機関を使用し生活をする生活がスタートしました。

→続きはこちら
  • Bible 神の戦い

NATO 首脳会議閉幕
「ロンドン宣言」採択

 北大西洋条約機構(NATO)は英ロンドンで12月4日、創設70年を記念した首脳会議の、2日間の日程を終えた。初日に、米仏の亀裂が鮮明になり、加盟各国の足並みの乱れが露呈するなどしたが、最終日、同盟の根幹である集団防衛の義務を改めて確認する「ロンドン宣言」を採択した。
 会議では中国のサイバー攻撃拡大の脅威などについて話し合い、対中国やサイバー防衛など時代の変化に即した今後の戦略強化も宣言に盛り込まれた。ほかにも、拠出金負担やテロリズムとの戦い、ロシアへの姿勢、第5世代(5G)移動通信システムなどを含む主要インフラの耐性などが話し合われた。
 記者会見でストルテンベルグ事務総長は、創立以来初となる中国の脅威について協議することの重要性を述べた。さらに、マクロン仏大統領の「NATOは脳死状態」発言を打ち消し、その上で「NATOは欧州と北米が常に会談し、判断し、共に行動する唯一の場所だ」と同盟の意義を再確認した。

→続きはこちら
  • 米下院「ウイグル人権法案」可決 中国猛反発
  • 中東各地で「反政府デモ」相次ぐ
  • イラン核合意維持に向け 英仏独中露代表 ウィーンで会合
  • フランス 年金改革反対のストライキ 過去最大規模
  • 露・ウクライナ首脳会談 仏独が仲介 年内に完全停戦合意
  • トランプ米政権 北朝鮮の出方見守る 安保理に会合要請
  • 米政府 露のハッカー組織に制裁
  • 終わりの時代に向かって チックフィレイ

日本の学校はIT不慣れ
国際学力調査で生徒に戸惑い

 経済協力開発機構(OECD、本部パリ)が15歳を対象に実施する国際学習到達度調査(PISA、ピザ)で、2018年の日本は「読解力」は順位を下げ、過去最低に並ぶ15位となった。
 数学的応用力も6位、科学的応用力は5位と前回より低下したが、トップ水準は維持した。18年は、世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に実施され、日本は全国の高校など183校の1年生約6100人が参加した。
 国・地域別の順位は3分野すべてで1位が「北京・上海・江蘇・浙江」の中国、2位がシンガポール、3位がマカオとなり、アジア勢が上位を席巻した。
 15年の前回から調査はパソコンで実施されるようになった。読解力では、新たにブログなどインターネット上の多様な文章形式で出題され、文章の信ぴょう性を評価する能力も初めて測られた。日本は、根拠を示して考えを述べる力に課題があり、情報の真偽を見極める力などを測る、新たな出題の正答率が低かった。

→続きはこちら
  • ザンビア大使が台風19号の見舞い ホストタウンの丸森町訪問 宮城県丸森町
  • 横浜でパートナー制度開始 外国人同性婚カップルも 神奈川県横浜市
  • 生誕250年・ベートーヴェンイヤーを記念して 兵庫県神戸市
  • 障がいがあっても能力生かし稼げる地域社会を 石川県野々市市
  • インフルエンザ注意報 発令 愛知県
  • 近づく東京大地震 なんだっけ?防災用語(2)
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 涼季に入りました

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

「腸活」のすすめ

 今回は、すっきりとした毎日のための、シンプルな「美腸」習慣をご紹介したいと思います。美しく健康な腸を保つことは、健康の要とも言われています。ぜひ、この習慣を取り入れ、美しく健康な腸を保っていきましょう。
1.朝コップ1杯の水を飲むこと。
 朝のお水は、腸を目覚めさせます。 誰もができる最もシンプルな「腸活」は、朝コップ1杯の水を飲むこと。 これで腸が目覚めて自然な便意が訪れます。 冬は、さゆでもOK。 便秘がちな方は、お水にレモンを加えたり、スプーン1杯のオリーブオイルを加えたりすると効果的。

→続きはこちら
  • 母と私のほっこり日記
  • 旬の一品 ブリのフライゆず風味

芸能人が、聖書に挑戦!
「聴くドラマ聖書」アプリがスタート 後編

 日本で初めてとなる、本格的なドラマ仕立ての聖書のスマートフォンアプリ「聴くドラマ聖書」が制作され、11月18日月曜日から無料ダウンロードが開始された。同日、「聴くドラマ聖書」アプリ、記者発表会が持たれた。TLEA映画ミッションのペテロ窪田総主事が取材した。今回はその後編。
【収録時のエピソード】
大和田伸也さん
 聖書の神さま役を演じました。神さまの役作り、神さまをどう表現するのか? 崇高、威厳、慈愛、など考えました。膨大な量で、収録に1年弱、毎日5、6時間詰めさせていただきました。
 その間、私はドイツ語オペラやテレビなどの仕事も抱えていたので、録音スタジオに入る時には、スタジオがちょうど高層ビル45階にあったので、その前に下界を俯瞰(ふかん)して、切り替えて、神さまになってスタジオに入りました。また、聖書に「神さまも悩みながら」判断された箇所があり、新しい発見でした。

→続きはこちら

注目This Week

<新年度へ>教会感謝会

東京アンテオケ教会で開催
「神の光」の現れの始まり

→2面 信仰面

<体験談>神さまからの恵み 前編

時にかなって美しい神のみわざ
車を手放したら…

→5面 体験記・証し面

<取材>「聴くドラマ聖書」 後編

アプリがスタート
芸能人が聖書に挑戦!

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード