み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

中国・習近平国家主席がロシア訪問
中ロ関係で良好さアピール 米国批判でも一致

 中国の習近平国家主席は6月5~8日、ロシアを訪問し、同国のプーチン大統領と首脳会談を行うなど、予定をこなした。中ロは、米国をけん制しつつ親密さをアピールした。終末の世界情勢と並べ、動きを追う。
 ロシアを訪れた中国の習近平国家主席は6月5日、クレムリンでプーチン大統領と首脳会談を行った。習氏は、プーチン氏に対し親友と呼び掛けるなど、親密さをアピールし、中ロ関係が良好であることを強調した。
 会談では、プーチン氏は、中ロ間の貿易額が年間1000億ドル(約10兆8000億円)を超えたとして、習氏に謝意を伝え、「両国関係はかつてない水準に到達した」と評価した。
 プーチン氏は、米ロ間で結んだ中距離核戦力(INF)廃棄条約について、米国のトランプ大統領が破棄する姿勢を示していることに懸念を示し、軍備管理や軍縮、兵器の拡散を防ぐための既存の制度を危機にさらすことに懸念を表明。国際的、地政学上の多くの問題について、考え方は中国と合致すると述べた。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

東京アンテオケ教会第7礼拝
結婚セミナーがスタート

 The Light of Eternal Agape(TLEA)東京アンテオケ教会会堂で午後7時から行われている第7礼拝内で、6月9日、特別プログラムとしてパウロ秋元牧師による結婚セミナーがスタートした。
 秋元牧師は、東京アンテオケ教会のスタッフより結婚セミナーの打診を受けたが、当初はその導きを感じずにいたという。ところが、中国地方のカリスマ聖会で奉仕した際、岡山教会の聖会に来られた方から結婚についての質問があったほか、岡山や下関で牧師、牧師夫人らと結婚セミナーに関する会話が導かれたこと、東京アンテオケ教会の教会員とも結婚セミナーについて会話するなど、主の摂理的な語りかけもあって、スタートに至った。
 第1回は、マラキ書2章15節を引用しつつ、秋元牧師は、「クリスチャンには結婚について、3通りの選択があり、1つ目は導かれる結婚をする方、2つ目は生まれた時より生涯独身者として導かれる方、3つ目はあえて生涯独身者としての道を選ぶ方で、今回は主のみこころの方との結婚が最善であるという学びをしていく」と説明した。

→続きはこちら
  • チャペルコンサート 四日市シオン教会
  • 北九州生ける神の教会の賛美隊 ひびしんホールでコンサート
  • ウラノス 国立病院病棟でコンサート
  • 論説 御霊の賜物と教会
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 しるしと不思議
教会情報 トップへ戻る

「聖墳墓教会」 改修工事
3派共同で合意

 5月27日、エルサレムの聖墳墓教会の改修工事を、ギリシャ正教会、カトリック、アルメニア正教会が共同で行う事で同意した。
 工費は約1000万米ドル(約10億円)の見通し。ヨルダンも出資の予定。カトリックは50万ユーロ(6000万円)を拠出するという。
 聖墳墓教会はエルサレム旧市街(東エルサレム)にある、キリストの墓とされる場所に建つ教会。ゴルゴタの丘はこの場所にあったとされており、現在はカトリック教会、東方正教会、アルメニア使徒教会、コプト正教会、シリア正教会の複数教派による共同管理となっており、1日中それぞれ何らかの教派によるミサ・聖体礼儀などの公祈祷が行われている。

→続きはこちら
  • 連載企画 「世界のメガチャーチからインターネット、SNS活用を学ぼう」
  • 進め賛美隊 長崎県北合同賛美グループ
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

離島で水処理施設の仕事 4メートル転落事故に
祈りによって死の危険から守られた

 主によって守られた事を考えていると、 たくさん有ったなあと思い 、その一つを証させていただきます。
 今 、思い出しても 、そこで死んでても不思議ではない出来事の一つです。30年ほど前のことになりますが 、水処理の仕事をしている時で 、その場所が 離島で 水処理組合の施設に行かなければなりませんでした。
 その日に限っては、「行きたくない」との思いがあり、学生時代にお祈りしていた、主の祈りを心の中でささやきながら 、船に乗り、現地入りして車両をお借りし、いざ出発しました。
 その時に「何かありましたら無線がありますので 、連絡してくださいね 」と、担当者から言われました。「はーい。分かりました」と答えながら 、今まで言われたことがない言葉に、「あれー 、なんか違うー」と思いつつ、運転していきました。

→続きはこちら
  • Bible 宗教

米仏首脳会談
亀裂修復を強調も 明白な温度差

 欧州を歴訪中のトランプ米大統領は6月6日、フランス北西部ノルマンディー地方に入り、マクロン大統領との首脳会談を行った。ノルマンディー上陸作戦から75年となる式典に出席し、大西洋を挟んだ米英仏の、栄光の結束を誇示するのが外遊の主要目的だった。
 トランプ氏は、米仏関係について「良い時もそうでない時もあったが、今はずばぬけている」と述べ、このところ表面化していた亀裂の修復を強調した。
 マクロン氏も、米国との温度差が目立つイラン核問題への対処で「イランに核兵器を持たせないという目標は共通だ」と語り、米国への配慮を示した。だが、米国が一方的に離脱したイラン核合意を尊重するフランスの立場に大きな変化はない。
 また、地球温暖化対策などでも米仏の温度差は明白だ。欧州懐疑派に近い立場ともいえるトランプ氏と良好な関係を維持するのは容易でない。

→続きはこちら
  • スーダン 民主化デモ強制排除で死者118人
  • トランプ米大統領 米中首脳会談なければ「第4弾」追加関税
  • 米仏の友好の木 検疫中に枯れる
  • 仏経済相 米中貿易摩擦に懸念
  • 英国 メイ首相保守党党首辞任
  • 香港 「反対デモ」最大規模に 100万人参加
  • マース独外相 イランの大統領と会談
  • トランプ米大統領 メキシコ関税見送る
  • NYタイムズ イスラエル首相風刺漫画で謝罪
  • 終わりの時代に向かって アメリカの反ユダヤ主義

野党が「同性婚」で改正案提出
容認否定はG7で日本のみ

 立憲民主、共産、社民の野党3党は6月3日、同性婚を制度化する民法改正案を衆院に提出した。夏の参院選をにらみ、多様性と性的少数者(LGBT)の権利重視を訴え、自民党との違いを明確にする狙いという。
 改正案では、異性間の婚姻のみを前提としている民法の文言を修正する。婚姻の主体は「異性または同性」とし、「夫婦」の表現は「婚姻の当事者」に、「父母」は「親」などに変更する。同性婚カップルに特別養子縁組を認める内容も盛り込む。
 政府は、同性婚を巡っては憲法24条に「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」するとあり、同性婚は「想定されていない」との見解だ。民法や戸籍法での「夫婦」は男女を意味し、同性婚をしようとする人の婚姻届は受理できないとしている。これに対して、立憲民主党は2018年、憲法24条は戸主や親の承諾を必要とする戦前の制度から、本人の自由意思に解放する趣旨であり、同性婚を禁止する規範ではないと解釈している。

→続きはこちら
  • 韓国全域を核攻撃も可能 北朝鮮5月発射の弾道ミサイル
  • 「コンチネンス」先進都市めざして
  • 伊勢湾台風を題材に
  • カバの歯磨き体験 兵庫県姫路市
  • 近づく東京大地震 電気製品の地震対策
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 雨期の洗濯場で

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
シャブオット(五旬節)

 先週も、エルサレムデーのお祝いがありましたが、6月8日の夜からシャブオットというお祭りがありました。このシャブオット(五旬節)は、ぺサハ(過越の祭り)から七週目に当たるので、七週の祭りとも言われていますが、イスラエルの3大祭りの一つです。
 この七週目にモーセが神さまから十戒を授かった日(ナタン・トーラー)と言われていて、このお祭りは世界からユダヤ人たちがエルサレムに集まりお祝いします。出エジプト記には、「小麦の刈り入れの初穂のために七週の祭りを、年の変わり目に収穫祭を行わなければならない」(出エジプト記34章22節)と書かれているので、収穫祭とも呼ばれています。
 旧約聖書のルツ記は、まさにこの収穫の時期でした。それゆえに、シナゴーグ(ユダヤ教の方々が礼拝する場所)では、このお祭りの時にはルツ記を読みます。それから、最初の収穫を神殿に運び神さまにささげた時、牛と高級なチーズとミルク、そして新鮮な果物を神さまにささげたと言われているので、このシャブオットでは、果物や乳製品などを食べる習慣があります。

→続きはこちら
  • 唾液を増やして 目指せ!長生き
  • 旬の一品 タコとアボカドのサラダ

「GarageBand」でクリエイション
曲を作る前に必要な準備 5

 第5回、6回でドラム設定から録音までしました。特に第5回の『ドラム入力前の準備』ではいろいろと説明をすっ飛ばして進めましたので、今回はそれらの機能を簡単に説明していこうと思います。
A.『サウンドブラウザ』ボタン
 音色を選ぶサウンドブラウザ画面に移動します。基本、ここからいろんな音色を探していくことができます。

→続きはこちら

注目This Week

<特別企画>結婚セミナー

東京アンテオケ教会
第7礼拝でスタート
 

→2面 信仰面

<証し>水処理施設で事故

4メートル転落で命の危険
祈りで完全に守り
 

→5面 体験記・証し面

<作曲>Appleの無料アプリで作れる

「GarageBand」でクリエイション
曲を作る前に必要な準備 5
 

→12面 文化・広告面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード