み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

地球温暖化 世界各地で猛威
「気候サミット」 来年開催へ

 一般の全国放送のテレビのニュース情報番組で司会者やコメンテーターが「天変地異のようだ」と口にするほど、今夏、「想定外」の地域や過酷さで、猛暑、豪雨、巨大台風、大地震が列島を襲った。フランスでの18万回を超える落雷を含め、近年、世界各地で、記録的な暑さ、洪水、巨大ハリケーン、大地震など、自然災害が増大している。社会構造も、国際関係も、自然現象も、大きく揺れ動かされながら、終末の黙示録の時代に近づいている。
 国連のグテーレス事務総長は9月10日、国連本部で演説し、地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」が始まる2020年の前年、19年9月、加盟国首脳を集めて温暖化対策を話し合う「気候サミット」を開催すると表明した。
 トランプ米政権がパリ協定から離脱を表明するなど、取り組みが停滞する中、あらためての結束行動を要請するのが狙いだ。グテーレス氏は、近年世界各地で記録的な暑さが続き、洪水やハリケーンの被害が深刻化していると強調した。
 15年に各国がパリ協定を採択したが、温室効果ガス排出削減策の具体化は遅れていると、強い危機感を示した。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

歌集『風のひびき ゴスペル第6集』
掲載曲エピソード紹介 第1弾

 歌集『風のひびき ゴスペル第6集』に掲載される77曲が決定し、幅広いジャンルの曲があり、注目を集めている。作詞作曲者の方々にそれぞれの思いを聞いた。(1)歌集『風のひびき6集』の掲載曲には幅広ジャンルがありますが、新しいジャンルに挑戦したきっかけは何でしょうか? (2)新しいジャンルの曲を作られた際、気を付けた点は? (3)他の掲載曲を含めて、エピソード、思い入れを教えてください。
アニソンの曲「Mark on Target」の作者ShowAさん
 (1)より多くの人々にゴスペルが届くよう祈っている中で、アニソンは幅広い年齢層に受け入れられ、世界にも非常に多くの楽曲が発信されているので、作れたらと思いました。教会のメンバーにアニソン好きの方々がいたことも助けとなりました。すでにこの曲以外に、数曲を共同で手掛けています。

→続きはこちら
  • 那覇市国際通り 第2回ゴスペルフェス開催
  • エルサレム グループホーム全国大会でゴスペル
  • 四日市シオン教会賛美隊 ララスクエア・アピタ四日市でゴスペル
  • 論説 賛美を用いて働きを進める
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 谷口素子さん
教会情報 トップへ戻る

「漢文聖書」 香港の博物館で展示へ
京都・円光寺で発見された『代表訳本』

 京都市左京区北白川の円光寺で見付かった、江戸時代の「漢文聖書」が8月31日、出版された香港で展示されることになり、同寺の住職が聖書を現地の学校関係者に手渡した。
 この聖書は1855年に、教育と出版事業を行う香港英華書院が発行した『代表訳本』と言われる聖書で、前半の旧約部分は初版本にあたり、世界的に貴重とされている。
 かつての円光寺住職で、幕末から明治期に活躍した学僧樋口竜温が1865年に江戸で入手し、キリスト教研究に用いたという。

→続きはこちら
  • 感謝の人になろう 最悪が喜びに変えられていく
  • 進め賛美隊 Glory to Him
  • 【彼の打ち傷によって】 いやし
体験記・証し トップへ戻る

「賛美の夏にしなさい」と語りかけ 前編
交通事故で寝たきり状態から

 昨年10月に交通事故に遭い、腰を強打した娘と私でした。通常ですと、私たち親子は毎年夏に、日本への一時帰国をします。それは、年間を通して一番長い休みが夏休みであるということ、また、メインは私たちの所属している教会で毎年行われている、長野県白馬でのサマーキャンプがあるからです。
 娘は教会で賛美をしているので、同キャンプで開催される賛美大会(J.GOSPEL コンテスト KIDS ファイナル in 白馬)にも出場する機会が与えられていました。
 ですが、今年の夏はどうするか決めかねていました。というのは、娘が春ごろから体調を崩してしまっていて、時には1~2週間、寝たきりになってしまうこともあったからです。

→続きはこちら
  • Bible いと高き道

米政府
パレスチナ総代表部閉鎖を発表

 時事通信などによると、米国務省は9月10日、首都ワシントンDCにあるパレスチナ総代表部(大使館に相当)の閉鎖を決定したと発表した。
 中東和平を巡り、パレスチナ指導部が「イスラエルとの直接かつ意味のある交渉に踏み出していない」ことが理由と説明した。国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出停止などに続く決定となる。
 パレスチナ解放機構(PLO)のサエブ事務局長は、総代表部の閉鎖は、中東地域の緊張の「危険な高まり」と指摘し反発した。パレスチナ指導部は、トランプ政権が、昨年12月にエルサレムをイスラエルの首都と認めて以降、米国による和平仲介を拒否している。
 ロイター通信によると、トランプ政権は昨年11月から、パレスチナ側がイスラエル当局者に対する国際刑事裁判所(ICC)の捜査要請に言及したことで、総代表部の閉鎖を警告していた。

→続きはこちら
  • インド最高裁 同性愛禁じた刑法377条 「違憲」と判断
  • アフガニスタン カブールで連続爆破テロ 25人死亡
  • 仏マクロン政権 スポーツ相が辞任
  • 独仏首脳 移民問題で結束を確認
  • 映画『ヒトラーと戦った22日間』
  • 終わりの時代に向かって 時代は大きく変わっています

北海道でも震度7地震 土砂崩れなどで死者41人
停電で初のブラックアウト発生

 2018年9月6日午前3時7分に、北海道胆振(いぶり)地方中東部を震源とした地震が発生した。
 地震の規模はマグニチュード(M)6.7、震源の深さは37キロメートル、最大震度は、胆振地方の厚真(あつま)町で震度7を観測した。震度7は16年4月の熊本地震以来で、北海道では初めてだ。
 被害状況は「土砂崩れ」、「液状化現象」それに大規模停電の「ブラックアウト」が重なった。死者数は41人で、その内、厚真町では36人となった。10日に行方不明者は全て見つかり捜索は終了した。
 厚真町吉野地区では広い範囲で大規模な土砂崩れの「表層滑り」が発生、周辺家屋で被災者が多数生き埋めとなり、警察官および自衛隊員が救出活動を行った。

→続きはこちら
  • 妊産婦の死因で自殺が最多 海外と比べ割合が高い
  • 浸水被害の関西空港 一部再開へ
  • 「心の健康チェック」で産後うつ予防
  • 梨「加賀しずく」 石川県産の新品種
  • 「キリシタン噺」 知っておきたい郷土の話
  • 近づく東京大地震 エコノミークラス症候群の予防
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 突然の停電、問題は電気配線

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
ロッシュ・ハシャナ(お正月)

 今年もユダヤ暦のカレンダー5779年で、9月9日の夜からロッシュ・ハシャナ(お正月)が始まりました。ロッシュは頭。ハシャナは1年という意味があります。
 聖書では「第七の第一日は、あなた方の全き休みの日、ラッパを吹き鳴らして記念する聖なる会合である」(レビ記23章24節)と書かれているので、イスラエルでは第七の一日目(ティシュレーの月)が年の頭、すなわち今年は9月9日が年の初めとなります。
 お正月の夜は、ユダヤ人にとっては聖なる日の始まりとなります。家族、親族が集まって、新しい年が良い年となるように神さまにお祈りし、お祝いする日です。今年の私のお正月は、恒例で弟嫁のご両親の家でお正月を迎えました。
 テーブルの上には、たくさん食べきれないほどのごちそうが並んでいましたが、一つ一つの食べ物には意味があり、魚の頭は年の始まりを意味し、ザクロや小豆は今年も神さまから授かった律法を守ることができるように、ナツメヤシの実、羊の肉料理は敵から守られるように、そして蜂蜜とりんごは甘い年となるように…などなど、一つ一つ、口に入れる前にお祈りをしていただきます。

→続きはこちら
  • 月桂(げっけい)樹
  • 旬の一品 野菜とひき肉の粗びきコショウ炒め
  • ヘブライ語

主の十字架神学校
後期入学者 募集中

 今週、主の十字架神学校では、前期テストを実施中であり、この後、単位認定、後期授業のスタートと続いていく。後期入学者の募集もしており、新しい神学生の学びも祝福されることを期待している。
 主の十字架神学校は、主の十字架クリスチャンセンターの働きの中で、1985年、終末のリバイバルの器(奉仕者)を育成する機関としてスタートした。聖書信仰に立ち、教会を土台として、主に祈り聞き従うことを学びの中心に置いている。
 超教派の神学校として、現在は日本全国と海外に85の分校があり、2006年からは、直接教室に来られない方でも学べるようにと、インターネットによる通信制も行っている。最近は、教室で学ぶ授業と通信制の授業を併用して単位を取るケースが増えており、学びの多様化が見られる。

→続きはこちら

注目This Week

<歌集>『風のひびき6集』

掲載曲エピソード紹介 1
幅広いジャンル
 

→2面 信仰面

<証し>「賛美の夏にしなさい」 前編

交通事故で寝たきり状態から
白馬での賛美大会に出場
 

→5面 体験記・証し面

<部門>主の十字架神学校

後期入学者募集中
リバイバルの奉仕者養成
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード