み声新聞

「み声新聞」は、聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供します。

み声新聞オンザネット

聖書の視点で時代を読む「み声新聞」

「み声新聞」は聖書の視点から終末の世界の動きを告げ知らせ、リバイバルに即応した情報を提供する週刊のキリスト教新聞です。

トルコで軍事クーデター未遂 反乱側6000人拘束
混乱のさなか パトモスチーム派遣メンバーらも遭遇

 7月15日夜、トルコ軍の一部勢力によるクーデターが発生、現政権側が反乱を抑え込み、クーデターは未遂に終わったが、同国各地で激しい戦闘があった。同日、聖所から流れ出る水ミッションから派遣されたパトモスチームのメンバーらも、トルコ・イスタンブールのアタチュルク国際空港におり、事件の騒乱を目撃した。聖書の終末の観点と合わせ、動きを追う。
 クーデターの試みはトルコ軍の一部勢力によって実行されたとみられるが、同国のエルドアン大統領は国民にクーデター阻止を呼び掛けるなど抑え込み、反乱は未遂に終わった。
 ただ、この反乱によってトルコ最大の都市イスタンブールや首都アンカラなどで戦闘状態となり、反乱側104人や民間人らを含め合計で265人が死亡したとの報道も出ている。
 さらに、トルコメディアによると、7月17日、反乱に関連して軍将校や司法関係者ら6000人が拘束されるなど、反乱勢力に対する大規模な弾圧が始まっているという。

→続きはこちら

  • 終わりの日時計

パトモスチーム派遣 後半報告
今までにない困難・働き 受けたと信じる信仰の運用
トルコで騒乱の渦中に 主の守り

 聖所から流れ出る水ミッションから7月7~17日、パトモスチームが派遣され、21人のメンバーが加わった。先週号に続き、後半の日程を中心に動きを追う。
 パトモスチームは、終末の時代の備えとその時代の使命、また、「後の雨」のリバイバルの使命などについて、祈り込み、神さまからことばを受けることを目的として、ここ数年、毎年7月15日前後に派遣されてきた。
 昨年5月20日、「リバイバルが始まった」との主からのことばが与えられ、さらに、東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師著『せかいのおわり これから起こること 聖書』(雲の間にある虹出版)が完成し、発売された。
 終末の時代に関する聖書の解釈や理解などで、一定の区切りが着いたと思われる中、あらためて、今年もパトモスチーム派遣が主に導かれ、派遣に対する主のみこころが注目された。
 チームは8日夜、パトモスに到着後、6日間、パトモス島に滞在し、日中は祈り込み、夜は聖会の時を持った。
 毎回の聖会では、神さまからの多くのことば、メッセージが取り次がれた。特に、これからの時代は今までにない困難と大きな働きを担うこと、その中で、祈り、感謝、聴き従いを土台として、受けたと信じる信仰を運用することが重要であることなどが、繰り返し語られた。

→続きはこちら
  • 白馬キャンプ2016 間もなくスタート
  • 『ダバオ刑務所事件の真相』英語版、PDF発売
  • 論説 終末のリバイバルの鍵
  • 牧師つれづれ日記
  • この人 藤原優司さん
教会情報 トップへ戻る

ECI、繰返しEUに対しパレスチナ資金提供の見直し求める
パレスチナ人テロリストによるユダヤ人少女刺殺事件受け

 クリスチャンによるイスラエル援助団体、イスラエルのためのヨーロッパ連合(ECI)は7月1日、13歳の少女が自分の寝室でパレスチナ人テロリストに容赦なく刺し殺された事件を受けて、「全てのEUからの援助を、パレスチナ自治政府があらゆる形態での暴力の扇動を停止することを条件にすべき」との要求を繰り返した。殺人者は事件直後、パレスチナ自治政府大統領が属する政党ファタハが持つ公式ソーシャルメディアで「殉教者」としてたたえられた。以下、同団体の7月の報告から許可を得て一部転載する。

→続きはこちら
  • 中国浙江省 温州市当局が教会に資金移譲要求
  • チェコ 「ヤン・フス記念年」終わる
  • 実物大「ノアの箱舟」 米ケンタッキー州で完成
  • 【クリスチャンのキーポイント】 復活
  • 【彼の打ち傷によって】 
体験記・証し トップへ戻る

股関節症がいやされた
みこころを行う中で完全にいやされた

 いつごろからか記憶は定かではありませんが、3F年前、大村から東京へ越してくるずっと以前から、股関節症を患っていました。
 歩きすぎても痛くなり、ましてや走ることは少々困難を覚えました。一番困ったのは、車を運転した後、座席を降りる時痛みが走り、急には歩けませんでした。
 病院で治療を受け、電気治療や湿布を貼ったりしていましたが、何の効果もありませんでした。
 聖書には、全てのことに感謝しなさいと書かれていますので、この痛みのことも感謝して、自分で手を置いて祈ったことも何度となくありましたが、何の変化も見られませんでした。

→続きはこちら
  • Bible マルタな私

警官のアフリカ系住民射殺事件相次ぐ
米国 各地で抗議デモ
ダラス 狙撃で警察官5人死亡 犯人は爆殺される

 アフリカ系住民が警察官に射殺される事件が相次いだことに抗議するデモが行われていた米テキサス州ダラスで7月7日夜、警察官を標的にした狙撃事件が発生した。
 少なくとも警察官11人と民間人1人が撃たれ、5人の警察官が死亡した。差別問題が背景にあるとされる警察の不当な対応に抗議するデモは、次々と警察官が殺害されるという最悪の事態を迎えた。
 9日付米紙ニューヨーク・タイムズは「緊張が高まった1960年代や70年代ですら、ダラスで起きたようなことは決して目にしなかった」とのコメントを掲載した。民族問題の深刻化が表面化し、緊張が一段と強まる恐れを示唆した。

→続きはこちら
  • NATO首脳会議 対ロシア抑止強化と部隊派遣決定
  • スーダン 首都で大規模戦闘 300人死亡
  • 南シナ海領有問題 ハーグ仲裁判決 中国の主張全面否定
  • 暴露本出版の記者、無罪に バチカン裁判所
  • ヒトラー生家を強制収用 オーストリア、聖地化懸念
  • 英国新首相 メイ氏就任
  • 今、世界で クリスチャン迫害の現状リポート
  • 終わりの時代に向かって 時は近づいている

参院選 改憲勢力3分の2超
首相 改憲議論促す発言

 7月10日に投票された第24回参議院選挙は11日、改選121議席が確定した。
 その結果、自民、公明の与党とおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の「改憲四党」に、改憲賛成の無所属・諸派を加えた「改憲勢力」は77議席となり、非改選88議席と合わせて改憲発議に必要な3分の2(162議席)を超え、与党だけで3分の2を占める衆院とともに、両院で発議要件を満たした。
 自民党総裁の安倍晋三首相は、憲法審査会での議論について「わが党の案をベースに、3分の2を構築していくかが政治の技術だ」と表明し「草案の実現は総裁の責務」と意欲を示したが、草案が「そのまま通るとは考えていない」とも述べた。安倍政権下の改憲阻止を掲げる民進党には「まずは憲法審で議論していくべきではないか」と参加を促した。

→続きはこちら
  • 「サード」在韓米軍に配備 米韓両国が決定
  • 伝統文化の「鵜飼」の企画展 岐阜市歴史博物館
  • 「神戸学検定」も今年で受験終了
  • ヤマト運輸 LINEトークで荷物問い合わせ
  • 近づく東京大地震 自宅は安全ですか?
  • 国際NGO カンボジア孤児院便り 日本のお土産で楽しく

まどかまこ
「海を越えて~勝海舟家とホイットニー家の人々~」

 幕末時代の勝海舟の活躍は、大河ドラマを始め多くの作品の中に取り上げられています。しかし、このまんがでは、明治になってから、落ちぶれていく徳川家や家臣たちを守るために、苦心していた勝に触れています。
 また、来日したばかりのクリスチャンホームであるホイットニーの家族を助け、キリスト教にも心を開いていく勝の家族の様子を丁寧に綴っています。
 日本に西洋音楽が取り入れられるために、影響を与えた長女のクララの人生や、勝海舟から土地を買い長男のウィリイが作った病院跡が、現在の赤坂教会になった過程などにも触れていきます。慶應義塾の初期のエピソードも出てきますが、一橋大学のルーツも分かるまんがです。

→続きはこちら

みかこのイスラエル日記
イスラエルの住宅情報

 現在私たちは、テルアビブに住んでいますが、独身時代ずっとエルサレムに住んでいました。エルサレムでは3回ほど引っ越しをしましたが、家を探すためにいろいろな所を見て回ったりしました。
 友人宅へお邪魔することもあり、イスラエルの家の造りがだいだいよく分かってきました。イスラエルは、石でできた家ですがエルサレムは、イギリス統治時代に建物をすべて石の家でも特別なエルサレムストーンにしなければいけないという法律ができたので、エルサレムの家々はすべてエルサレムストーンで建てられています。

→続きはこちら
  • 聖書でクイズ
  • 旬の一品 サバのトマトソースがけ
  • ヘブライ語を覚えよう!

白馬キャンプ2016

7/26(火)~29(金) ホテルグリーンプラザ白馬で
J.GOSPELコンテストも

→続きはこちら

注目This Week

<海外宣教>パトモスチーム 後半報告

今までにない困難・働き
受けたと信じる信仰の運用
 

→2面 信仰面

<証し>手術不可能 ステージⅡbのがん

副作用もなく日曜日は礼拝へ
腫瘍マーカーは正常値に!
 

→5面 体験記・証し面

<広告>白馬キャンプ2016

J.GOSPELコンテストも開催
充実の内容・主の祝福に期待
 

→12面 文化面

み声新聞社

The Mikoe News Press, Inc.

〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-8-16-504

TEL: 03-3490-7343

FAX: 03-3490-8912

Email: office@mikoe.co.jp

み声新聞社へのご送金、ご献金について

当社へのご送金、ご献金は下記口座にお願いいたします。

<郵便振替口座番号> 00180-4-128629

<加入者名> 有限会社 み声新聞社

み声ショップでクレジットカード払いが可能に!

み声ショップでJCBとアメリカン・エキスプレスのクレジットカード払いでも購入していただけるようになりました。どうぞご利用下さい。

クレジットカード